2017年8月27日日曜日

回転するファミリ(2)

2軸回転

ファミリチュートリアルで「回転するファミリ」について書きましたが、もう少し踏み込んで、ネストしたファミリを、回転角と仰角のパラメータを使って、2軸で回転できるクレーンのブームのようなファミリを作ってみます。
2軸で回転するファミリの作成方法を説明します
2軸で回転するファミリは
本体
仰角回転台
水平角回転台
の順にネストしたファミリで作成します。

本体(角棒1.rfa)の作成

まず、「一般モデル(メートル単位).rft」のテンプレートを使って下の図のようなファミリを作成し、「角棒1.rfa」とします。長さの値を変えたとき、右方向にだけ伸びるように、原点を棒の左側にとります。また長さはインスタンスパラメータです。
「一般モデル(メートル単位).rft」で作成した角棒1.rfa
ファミリのプロパティで「作業面ベース」はオン、「常に垂直」はオフにします。
作業面ベースを☑、常に垂直は□

仰角回転台

再び「一般モデル(メートル単位).rft」のテンプレートを使ってファミリを作成します。

  1. 立面図>正面を開く。
  2. 挿入タブ>ライブラリからロード>ファミリをロードで本体.rfaをロード。
  3. 修正|配置コンポーネントタブ>配置パネル>作業面に配置。
  4. 原点に配置
    角棒1を原点に配置
  5. 選択パネル>修正
  6. 角棒1を選択し 修正パネル>回転
  7. オプションバーの回転中心[配置]をクリックし、原点をクリック
  8. 適当な角度に回転する。
    適当な角度に回転
  9. 注釈タブ>寸法パネル>角度寸法 で参照レベルと重なっている参照線と角棒1の中心線に角度寸法を作成
    角度寸法をつける
  10. 選択パネル>修正 で角度寸法を選択
  11. 寸法にラベルをつけるパネル>パラメータを作成
  12. 名前「仰角」、インスタンスパラメータを作成
    インスタンスパラメータ「仰角」を作成
  13. 角棒1を選択し、プロパティウィンドゥの長さの関連付けボタンをクリック。
  14. インスタンスパラメータ「角棒の長さ」を作成して関連付ける。
    長さパラメータを関連付け
  15. 角棒_仰角回転台.rfaとして保存
パラメータの値を変更して、角棒が任意の角度に回転するか、長さが変更できるかをチェックします。

水平回転台の作成

もう一度「一般モデル(メートル単位).rft」のテンプレートを使ってファミリを作成します。
    1. 挿入タブ>ライブラリからロード>ファミリをロードで角棒_仰角回転台.rfaをロード。
    2. 原点をクリックして配置
    3. 選択パネル>修正
    4. 配置した角棒2を選択し、修正パネル>回転
    5. オプションバーの回転の中心[配置]をクリックし、原点をクリック
    6. 適当な位置に回転して配置
      回転後の様子
    7. 注釈タブ>寸法パネル>角度寸法
    8. 下の図のように寸法を配置
      角度寸法を配置
    9. 寸法を選択し、インスタンスパラメータ「回転角」を設定
      回転角パラメータ
    10. 角棒2を選択し、プロパティウィンドゥの「仰角」の関連付けボタンをクリックして、新規インスタンスパラメータ「仰角」を作成。
      仰角
    11. 同様に、「角棒の長さ」を新規インスタンスパラメータ「角棒の長さ」に関連付けする。
      角棒の長さ
    12. 角棒_回転台.rfaとして保存
    さあ、これで完成です。プロパティパネル>ファミリタイプ でパラメータの値を変更して、ファミリのふるまいをチェックしてみましょう。
    二つの角度と長さを変更してみる

    これでクレーンのブームのように任意の方向に回転したり、伸びたりする角棒が出来上がりました。

    Revitは「作業面」を基準としたモデリングが基本なので、複数の方向に回転するファミリを作る場合、回転方向の数だけ、ファミリをネストすると比較的簡単に作成できます。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿