2019年8月25日日曜日

Revitに最適なPCは?2019

Revitに適したPCを探す~2019

この夏、自宅のデスクトップPCを6年ぶりに買い換えました。Revitに最適なPCを求めて、かなり迷った挙句、ようやく購入に至りました。購入したPCのスペックは
  • CPU : AMD Ryzen9 3900X
  • メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
  • グラフィックカード : nVidia GeForce RTX2070 SUPER 8GB
  • ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD / 3TB HDD
かなりの高スペックですが、結果としては大正解で、非常に快適にRevitが稼働しています。今回は「Revitに最適なPCは2019」の選択法をご紹介します。

CPU

Autodesk推奨のRevitの環境はヘルプを見ると、次のように記述してあります。

CPU出展
シングルコアまたはマルチコアの Intel®、Xeon®、または i-Series の SSE2 テクノロジ対応のプロセッサ、またはこれらに相当する AMD® プロセッサ。入手可能な最高速度の CPU を推奨します。
Autodesk® Revit® 製品は、さまざまなタスクで複数のコアを使用します。

というわけで「入手可能な最高速度の CPU 」ということでAMD Ryzen9 3900Xに決定しました。AMDのCPUでRevitが稼働するかどうか心配している方、ご安心ください。何の問題もないどころか、きわめて快適です。では何をもって最高速度というのか、ですがRevitをを使うPCでCPU重要なことは以下の点です。
  • CPUはシングルスレッドのパフォーマンスを重視

RevitはCPUで決まる

RevitはグラボよりもCPUです。CPUのパワーが最も重要で、しかもシングルスレッドの能力が極めて重要です。

ではCPUを具体的に選択してみましょう。以下のURLでPASSMARKのベンチマークを見てください。
https://www.cpubenchmark.net/
PassMarkのCPUベンチマークのページ
このページで注目するべきは左右の2カ所です。左の赤い枠の部分がいわばCPUの総合力を示しています。CPUは複数のコアを稼働させて処理を行いますので、一般にコア数が多ければ多いほどパワーのあるCPUということになります。
Revitで注目するべきは単一のコアの能力です。パスマークでは右の青い枠の部分がCPUの単一のコアの能力を示しています。
総合力(赤枠)でみると
総合力
2019年8月時点でトップは、7月に発売されたばかりのAMDのRyzen9ですが、その他はずらりとXEONが並んでいます。2番目にi9の9980XEがありますが、価格は非常に高価です。これらのCPUはトップのRyzenを除いてほとんどがワークステーション用です。

ところが、Revitは多くのプロセスがシングルスレッドで動いているため、高いワークステーションを使っても、本来の力をすべて使いきれないのです。

そこで、青枠のシングルスレッドのチャートを見てみましょう。
シングルスレッド
上位にはRyzen7/9、i9-9900KF/Kが登場します。このi9-9900KFは総合力のほうではやや下位にランキングされていますが、それでも十分な能力です。

この二つのチャートを見比べながらCPUを選択するとよいでしょう。私のお勧めはAMDのRyzen9 3900Xまたはインテルのi9-9900KFです。

インテルはi7の上位としてi9をリリースしました。その関係で第9世代 i7ではハイパースレッドが実装されていませんので最新のi7はお勧めできません。ハイパースレッドがあればRevitでも常に2スレッドが動きますので効果は高いです。

ワークステーションはスペックをよく見る!

おすすめのCPUをあげたのはいいけれど、実際にはどういったPCなのでしょうか?CAD/CGといえばワークステーションですが・・・・

たとえば、あるブランドの最新のデスクトップワークステーションではXeon W-2102が使われています。これはチャートで見ると

総合力     :6954-----トップは31875
シングルスレッド:1616-----トップは2977

となっており、CPUのパワーはかなり低いです。これではRevitは使えません。しかしそれでも24万円もするワークステーションなのです。ワークステーションだからと言ってもRevitの使用には不向きなものも数多くありますので注意が必要です。Xeonならいいとうものでは決してありません。Xeonにこだわるならば予算内でクロック数のできるだけ高いものを選択してください。

ストレージはSSD必須

次に重要なのはストレージです。ノートPCではだいぶん普通になってきましたが、デスクトップでも当然SSDが必須といえます。WindowsもRevitも立ち上がりのスピードが断然違います。今回購入したPCではRevit2020の起動にかかる時間は、わずかに10秒あまりです。
ただしSSDにも種類があるので転送速度には注意してください。

SSDのサイズと接続方法

  • 2.5インチ
    • SATA接続-最大 6Gbps(600MB/s)
  • M.2
    • SATA接続-最大6Gbps(600MB/s)
    • NVMe接続-最大 40Gbps(4,000MB/s)
  • mSATA
    • SATA接続-最大 6Gbps(600MB/s)
ということで、カタログにM.2 NVMeと表記しているSSDが最速です。

グラボはGeForceでOK

QuadroかGeforceか、ということですが、結論としてはどちらでもいいです。ただし先ほどのヘルプにはグラボについて
  • Shader Model 5 対応、DirectX 11 対応のグラフィックス カード
とだけ書いてあります。DirectXに対応していればいいのですから、値段も考えてGeForceで十分です。これはむしろRevitよりも合わせて使用するソフト(例えばEnscapeとか)の特性に合わせて決めればいいでしょう。こちらもPassMarkにベンチがあります。
GeForceはRTXがついているものを選択したほうがいいです。RTXはいわゆるVR対応のグラボと考えていいです。
また一般には GeForce = DirectX、Quadro = OpenGLですから、GeForceの最新のものを選択するといいでしょう。

メモリは32GBまたは16GB

ヘルプには、扱う規模によってメモリのスペックがかいてあります。
  • 最小モデル: エントリレベルの構成:8GB
  • バリュー: 価格と性能のバランスが取れている:16GB
  • パフォーマンス モデル: 大規模で複雑なモデル:32GB
実際には16GBでかなりの建物が大丈夫ですが、念のため32GBをお勧めします。少々マニアックですが8GBの4枚さしではなく、16GBの2枚刺しがおすすめです。32GB一枚刺しは少々パフォーマンスが低下します。

で、結局何を買ったのか?

こうしたスペックのPCは実はゲームPCだったりします。最近eスポーツが盛んになり、だいぶんゲームPCの信頼性・安定性は向上してきました。なにせeスポーツにはプロがいるのですから、脆弱なPCでは相手にされません。ゲーミングPCはコスパもよく性能も高いものが多いです。皆さんも検討してみてはいかがでしょうか?
で私は結局近所のドスパラで買いました。(^^♪

6 件のコメント:

  1. 大変役立つ情報ありがとうございます。

    確かに、CPUをシングルスレッド高いものへ変えてNVMe接続のSSDに変えたら段違いでした。
    それにしても、ドスパラ激安ですね!
    これだけのスペックを大手メーカーで組むと倍の値段しそうですね…

    一つ質問ですが、
    Revitの動作が重たいと感じる場面の一つに「ファミリの再作成」が挙がるかと思います。(移動したりパラメータ変えたり)
    ファミリの変数が大量にあるファミリだと1つのパラメータ変更に数十秒掛かることもしばしば…
    これはPCの性能を上げれば改善するでしょうか?
    なんとなくソフトウェア側の仕様かなとも思いますが、
    PCの性能によるとしてクリティカルになる要素はCPU・メモリ・GPUのうちどれでしょうか?
    改善方法などご存知でしたら教えて頂けると幸いです。

    返信削除
  2. ファミリの作動を軽くするには「できるだけファミリに計算させないこと」が重要です。これらの変更はひたすら計算で行われるので、やはり大事なのはCPUの処理能力です。できるだけシングルスレッドの処理能力の高いCPUを使うことと、やはりメモリを多くとることですね。

    返信削除
  3. ありがとうございます。
    PCの性能UPもそこそこに、ファミリの単純化を図りたいと思います。

    返信削除
  4. こんばんわ。
    Revit:Autocad:office:photoshop=4:3:2:1の主な用途として
    raytrek AXGFとZQ-RTXのどちらにしようかと考えています。
    ZQ-RTXも選択肢として検討されたのではないでしょうか。
    よきアドバイスをお願いいたします。
    また、現時点でREVIT用ノートパソコンを買い替えるとすれば どれが候補にあがりそうですか

    返信削除
  5. どっちにしようか迷いました。9900Kは素晴らしい処理能力があります。またグラボがQuadroというところもACADユーザーにとっては〇ですよね。甲乙つけがたしですが、AutoCAD比率も高ければZQ-RTXはかなり魅力的です。私の場合はどうしてもRYZEN9を試してみたかったということとGen4 SSD 1GBが魅力だったのです。RYZEN9はさすがに24コアのパワーはあり、RevitでのレンダリングではRyzen9の24コアすべてを使い切りますので、かなり高速です。一方ファミリの更新には実測で4コアしか使用しないのでちょっともったいない感があります。9900Kは大変バランスのとれたCPUなのでおすすめですよ。

    返信削除
  6. ノートは今まだ試しておりませんが、
    https://www.dell.com/ja-jp/shop/cty/pdp/spd/alienware-m15-r2-laptop
    これはかなりいいんじゃないかと思っています。

    返信削除