2020年9月20日日曜日

Civil3Dの地形を読み込む

TINサーフェスをRevitの地形に

Civil3Dの地形をRevitに

Civil3Dの地形をRevitに読み込むための方法は、いろいろありますが主に次の3つの方法が考えられます。

  1. 「地形をリンク」コマンドで
  2. LandXMLに変換して読む
  3. DWGに変換して読む

「地形をリンク」コマンドで

地形をリンク・・・ってどう使うの?

挿入タブのリンクパネルには地形をリンクコマンドがあります。こちらの使い方は、ヘルプに詳細な説明があります。しかし、この説明を読む前に結論を申し上げると
  • Civil3DユーザーとRevitユーザーどちらもBIM360DOCSを契約している
  • DeskTopConnectorをインストールしている
という条件が必須で、なおかつあくまでリンクなので、インポートした地形をRevitで編集することはできません

LandXMLに変換して読む

Civil3DでLandXMLをエクスポートし、Revitに読み込む方法があります。しかし、これにはSiteDesignerが必要です。SiteDesignerは無料のソフトですが、残念ながら2020までで、2021では廃止されてしまいました。簡単に使い方を説明すると

Civil3D

出力タブ>書出しパネル>LandXMLに書出し。

Revit

  1. SiteDesignerをインストールする。
  2. Site Designerタブ>Import/Exportパネル>Import LandXML
    SiteDesigner
  3. Civil3Dで出力したXMLファイルを選択し、既定値のままOK。

  4. 必要とする地盤面(toposurface)の名前を選択してOK。

  5. その他いろいろ聞いてきますがOKで進んでいくと、インポートされます。
Revitに取り込んだ地形


2021ではせめてLandXMLのインポートエクスポート機能だけでも実装してほしいものです。

DWGに変換して読む

最も単純な方法は、DWGに変換して読む、です。Civil3Dは本来AutoCADなのですが、AutoCADの標準図形にはない土木専用の要素(カスタムオブジェクト)がたくさん使用されています。地形はTINサーフェスという要素でできていて、AutoCAD標準図形のメッシュとは異なります。つまりCivil3DのDWGファイルをそのまま読んでもRevit上には再現できない、ということになります。そこでTINサーフェースを普通のAutoCAD図形に変換します。

Civil3D

  1. TINサーフェスを選択
  2. サーフェスツールパネル>サーフェスから抽出▼>オブジェクトを抽出
    オブジェクトを抽出
  3. 三角形を選択してOK。

  4. 何も変化していないように見えますが、TINサーフェースが3D 面に変換されています。
    3D面に変換される

Revit

  1. 挿入タブ>CADリンクで、適切なレベルを指定してCivil3DのDWGファイルを読み込む。
  2. 一部の要素が読み込み中に失われました。。。。。というダイアログボックスが表示されますが、これはDWGファイルにAutoCAD標準図形ではないCivil3D独自の図形が含まれているので、その部分は読み込めません、という意味ですから気にしないで[閉じる]を選択します。
  3. マス&外構タブ>外構作成パネル>地形
  4. ツールパネル>読込から作成▼>読み込みインスタンスを選択 でリンクしたDWGをクリック
  5. 必要なレイヤを選択(わからなければCivil3Dユーザーに問い合わせるか、すべてチェック)してOK。

  6. モードパネル>✔
これでRevitで編集可能な地形を取り込むことができました。
Revitに取り込まれたCivil3Dの地形

地形の境界は読み込めないので、マス&外構タブ>外構修正パネル>地盤面を分割を使って、不要な部分を分割&削除してください。

Revitで編集可能な地形に変換できました。


2020年9月5日土曜日

キーノートを使いこなそう~活用編(2)

キーノートの種類

キーノートには次の種類があります。それぞれの違いは

  • 要素キーノート            要素のタイプパラメータに関連付けられる
  • マテリアルキーノート    マテリアルに関連付けられる
  • ユーザーキーノート        要素にもマテリアルにも関連付けられない

マテリアルキーノート

マテリアルに関連付けるキーノートです。キーノートはマテリアル管理ダイアログボックスのアイデンティティタブに格納されています。

例えばこのような壁を作成しマテリアルを設定します。

壁の構成
つぎにキーノートを準備します。まずは簡単に2階層で作成してみました。
内部仕上のキーノート
マテリアルダイアログで当該マテリアルのアイデンティティタブで、キーノートの値を設定します。
マテリアルを選択しキーノートの[...]を押す

適切なキーノートを選択しOK


注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>マテリアルキーノートでキーノートタグを作成

ユーザーキーノート

ユーザーキーノートは「要素のタイプ」にも「マテリアル」にも関係づけられないキーノート、つまり自由記述用のキーノートです。
文字と変わらないように見えますが、使用する用語の一貫性を保ったり、同じ用語を何度も打つ必要がないなど大きなメリットがあります。

例えば、矩計図などでシャッターに注釈を加える場合、シャッター全体の説明としては要素キーノートを使い、ファミリの部品の説明にはユーザーキーノートを使うとよいでしょう。
  1. キーノートにシャッターのキーノートを追加します。
    外部建具のキーノートを作成

  2. 次に用語のキーノートを追加します。
    用語のキーノートを用意します。

  3. 注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>要素キーノートで、シャッターにキーノートを追加します。
    要素キーノートを作成

  4. 注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>ユーザーキーノート で部分の説明を追加。
    ユーザー期ノートで説明を追加

3種類のキーノートを使い分けよう

  • 要素キーノート   :部材そのものの説明
  • マテリアルキーノート:素材の説明
  • ユーザーキーノート :その他の補足
ということになります。キーノートはエクセルで管理できるので多くの人が利用できますし、置換、検索などの文字列の編集機能も大変便利です。
また、キー値を統一しておいて、英文と和文のキーノートを準備しておけば、多少の文字レイアウトの修正はあるとしても、和英の翻訳も実現できます。

是非、注釈はキーノートを活用するようにしてください。

2020年8月30日日曜日

キーノートを使いこなそう~活用編

 要素キーノート

それでは立面図にキーノートを作成していきます。

  1. 注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>要素キーノート
  2. タイプセレクタで「キーノートテキスト」を選択。
  3. 外壁をクリック
    要素キーノートを配置
    1. 外壁
    2. 引出線の屈曲点
    3. キーノートテキストの位置
  4. ?をクリックし、適切なキーノートを選択してOK。
    キーノートを選択
  5. 同様にして他の要素にも要素キーノートを作成する。
    要素キーノート
この操作により、それぞれの要素のタイププロパティ「キーノート」にキー値が設定されます。例えば外壁のタイププロパティを見てみると
タイププロパティ「キーノート」を確認する
識別情報のキー値に値が設定されています。ということは、このタイプの壁にキーノートで注釈を作成すれば、どのビューでも同じ文字を表示することができるということです。
どこでも統一された用語で注釈作成

キーノート凡例

次に図中にはキー値を表示して、凡例としてキーノートテキストを表示する方法です。
  1. 作成したキーノートタグをすべて選択し、タイプをキー値に変更する。
    キー値をタグで表示
  2. 立面図をシートに配置します。
    シートに立面図をレイアウトする
  3. キーノート凡例をシートに配置し列幅を調整
    凡例を追加
このように、シートに配置されているビューポートに表示されているキーノートタグの凡例を作成することができます。

キーノートの更新

キーノートを使うことで効率的で不整合のない注釈付けが可能になることがお判りいただけたと思います。ただ、これだけなら、タイプパラメータの説明やコメントを使ってマルチカテゴリタグを使っても同じことができそうです。
ここで「キーノートは用語の外部参照」であることを思い出してください。もしVEなどで部材のスペックが変更になったり、もう少し詳細な仕様を設定したいときなど、キーノートファイルを更新するだけでスペックを変更することができます。
  1. 前回作成したキーノートのxlsxファイルを開く。
  2. 外壁Aの仕様を変更します。
    赤字が更新部分
  3. 保存してキーノートファイル(Unicodeテキストファイル)を上書きします。
  4. エクセルを閉じます。
  5. Revitで、注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>キーノート作成設定 で 再ロード
  6. OK
  7. シートのキーノート凡例が更新されたことを確認します。
    キーノートを再ロードすれば更新される

キーノートのメリット

キーノートのもう一つのメリットは相手を選ばない、というところにあります。たとえば、マルチカテゴリタグは、壁のスイープや鼻隠しなどの断面に作成することができません。マテリアルタグはマテリアル自体の情報は表示できますが、壁などの層構造になった情報をサマライズして表示することはできません。

その点、キーノートタグは相手を選ばす、いつでも確実に情報を表示することができ、またユーザーとしてもあらゆる部材に同じ操作で注釈を作成できるというメリットがあります。

キーノートを作成するとなると、会社単位で制定しなければ、と思いがちです。もちろんそうなれば素晴らしいのですが、まずはお手元のプロジェクトのスペック決めにキーノートを活用してみてはいかがでしょうか?

2020年8月23日日曜日

キーノートを使いこなそう~準備編

キーノートのすすめ

立面図や断面図、矩計図で注釈入れ作業を煩わしいと感じたことはありませんか?そんな時はぜひキーノートを試してみてください。

キーノートというと「コード化」といったイメージで考えてしまいがちですが、そんなに大げさなものではありません。言い換えると「用語の外部参照」であり、プロジェクト内での注釈入れを、大幅に効率化することができます。

ここでは次のような立面図に外部仕上の注釈を加える場合を考えてみます。

立面図に注釈を追加するには?

準備するもの

今回は準備編です。キーノートを利用するために必要な項目は
  • キーノートファイル
  • キーノートタグ
  • キーノート凡例
の三つです。

キーノートファイル

キーノートファイルの詳細な作成方法はこちらの回で説明していますので参考にしてください。今回は階層化されていない単純なキーノートを作ってみましょう。キーノートは

  • 項目
  • 注釈

の二つを設定します。エクセルで空白のブックを開いて次のように注釈を作成します。複数行使用したい場合はALT+ENTERで改行します。要するに「外部仕上表」です。

エクセルで注釈作成

次にこのブックを適切な名前を付けてXLSX形式で保存します。保存先は皆さんの会社のライブラリ、またはそれぞれのプロジェクトの決められた場所に保存します。

実は特にエクセル形式のファイルは必要ではないのですが、編集が便利なので原本として保存しておくことをお勧めします。

保存したら、もう一度同じ名前で同じ場所に「Unicodeテキスト(*txt)」で保存します。こちらが実際に使用するキーノートファイルになります。

キーノートタグ

キーノートを表示するにはキーノートタグが必要です。キーノートタグを作ってみましょう。パラメータが少ないので簡単です。

  1. ファイル>新規作成>ファミリ で、注釈フォルダの「一般タグ」を選択して開く。
  2. 作成タブ>プロパティパネル>ファミリカテゴリとパラメータでキーノートタグを選択。
    キーノートタグを選択
  3. 作成タブ>文字パネル>ラベル 参照面の交点付近をクリック
  4. キーノートテキストを選択して右へ追加。サンプル値に作成した注釈の一番長い文を設定して、OK
    サンプルに一番長そうな文を設定
  5. 作成したラベルを選択し、大きさを調整し、インスタンスプロパティ水平位置合わせを左とする。
  6. インスタンスプロパティ表示の関連付けボタンを押して、
    1. ファミリパラメータの関連付けボタンで、新規作成を選択
    2. パラメータプロパティダイアログボックスで
      1. 名前:キーノートテキスト
      2. パラメータグループ:グラフィックス
  7. 3~6の手順を繰り返して、キー値のラベルを作成してパラメータを設定
  8. ラベルを選択しタイプ編集を押してラベルの値を設定
    1. 背景:透過
    2. 引出線/協会オフセット:0.5
    3. 文字フォント:MSゴシックなど適切なフォント
    4. 文字サイズ:3mmや1.5mmなど適切な大きさ
  9. 作成タブ>プロパティパネル>ファミリタイプ
    1. 新しいタイプボタンをクリック
    2. 名前をキーノートテキストとしてOK
    3. キー値のチェックボックスを外す。
      キーノートテキスト
    4. 新しいタイプボタンをクリック
    5. 名前をキー値としてOK。
    6. キーノートテキストのチェックをオフ、キー値のチェックをオン
      キー値
  10. 名前を付けて保存し、プロジェクトにロード

キーノートファイルの設定

プロジェクトにキーノートファイルを設定します。プロジェクトファイルを開き
  1. 注釈タブ>タグパネル>キーノート▼>キーノート作成設定
  2. 参照ボタンをおして、先の手順で作成したキーノートファイルを選択して開く。
  3. 「キーノートテーブルは正しく再ロードされました」と表示されたらOK。
    • ここでエラーになる場合
      キーノートの保存形式がUnicodeテキストになっているか?
      A列に同じ値がないか
      をチェックしてください。
  4. ビューボタンをおして、キー値とキーノートテキストが正しく表示されていることを確認します。
    キーノートを表示してみる

キーノート凡例

キー値とキーノートテキストの凡例を作成します。この凡例はちょっと変わっていて、どう見ても集計表ですが、機能的にはやはり凡例です。
  1. プロジェクトブラウザ>凡例 を 右クリック>新しいキーノート凡例
    キーノート凡例を作成する
  2. 名前はキーノート凡例のままでOK。
  3. フィルタタブでシート単位でフィルタにチェック
    シート単位でフィルタ
  4. その他、外観を整えてOK。
以上で準備完了です。次回は今回設定したキーノートファイル、キーノートタグ、キーノート凡例を使って立面図に注釈を作成します。

2020年8月15日土曜日

手摺を補助手摺だけでつくると意外に便利(3)

補助手摺だけの手摺の便利な使い方

前回までに作成した、補助手摺だけの手摺のいろいろな使い方をご紹介します。

作成方法

作成方法はいつもの手摺と何ら変わりません。普通に、手摺コマンドで、壁に沿ってスケッチラインを作成します。

普通に作成

モードパネル>✔で、次のように作成されます。

コーナが面取りされています。

コーナーが面取りされているのは、補助手摺のタイプで、既定の結合をフィレット、フィレット半径を50に指定したためです。

補助手摺のタイププロパティ

手摺の支持の位置を移動する

支持をマウスオーバーしTABキーを押して、選択するとピンが表示されます。

支持のみを選択し、ピンをクリックすると

このピンをクリックして解除すると、ドラッグ、あるいは移動コマンドで自由に位置を変更することができます。

ドラッグして位置を移動可能になります。

支持をコピーする

支持をコピーすることも可能です。支持をマウスオーバーしTABを押して、支持のみを選択し、CTRL+ドラッグまたはコピーコマンドで、自由な位置にコピーできます。

CTRL+ドラッグで支持を複写

支持を削除する

同様に、支持をマウスオーバーし、TABで選択すると、Deleteキーで支持を削除することができます。

寸法で支持の位置調整

いったんピンをクリックしてロックを解除すると、他の要素と同様に、寸法を使って位置合わせすることも可能です。
寸法による位置合わせも可能
支持のタイプ変更
ピンを外せば支持のタイプを変更することもできます。まずはTABキーを使って支持のピンを外し
支持のピンを外す
タイプセレクタから異なるタイプの手摺を選択することができます。
タイプの変更が可能です

端部の修正

補助手摺は上部手摺(笠木手摺)と同様に、端部の形状を修正できます。
TABキーを使って手摺だけを選択し、連続手すりパネルの[手すりを編集]をクリック
手すりを編集をクリック

セットボタンをおして、編集対象(始点か終点か)を選択。
編集する側を指定
パスを編集ボタンを押して、任意の形状をスケッチする。
任意の形状をスケッチ
モードパネル>✔で確定し、支持の位置を修正
支持の位置を修正