2020年1月26日日曜日

階段練習帳(7)~手摺(2)

手摺の位置

階段の手摺のスケッチライン(パス)は階段経路に乗っている必要があります。手すりを立てる位置はこのパスから左右にオフセットすることができます。

  1. 手摺を選択
  2. プロパティウィンドウでインスタンスパラメータパスからのオフセット-50にして適用。
    手摺のインスタンスパラメータ
  3. 手摺の位置が移動したことを確認する。
    手摺の位置が移動したことを確認

手摺子の位置


手摺の位置に続いて、手摺子の位置を設定します。まずは平面図を使って、どの位置に手摺子を立てるかを計画します。今回は踊り場も含めて、下の図のように計画しました。
赤●の位置に手摺子を立てる

  1. 手摺を選択して、始点と終点の位置を調整する。
  2. 手摺を選択し、[タイプ編集]をクリック。
  3. 手摺子構成の[編集]をクリック。
  4. 主パターンの[複製]をクリックして、直前部材からの距離を設定。折り返し部分は75+300+75=450と入力します。つまりパス(オフセット込み)上での手摺子間の距離を入力します。
    直前部材からのオフセットに適切な値を設定
  5. パターンを中断なしに設定。始端側手摺、終端側手摺のスペースを0に。
    パターンの中断はなし、スペースは0
  6. OKして3Dで確認。
    手摺子の位置に注目

接続方法の修正

コーナー部分を拡大すると、手摺の水平部材の接続方法がおかしいことがわかります。これを修正します。
  1. 手摺を選択し[タイプ編集]
  2. 手摺の接合溶接に変更してOK。
    手摺の接合を溶接に変更
手摺子の位置を正確に指定すれば、自由に手すりを扱うことができます。
手摺子を数字でコントロール


0 件のコメント:

コメントを投稿