2015年12月28日月曜日

ファミリ作成チュートリアル(1)

ファミリ作成チュートリアル


ファミリの作成を練習してみましょう。ファミリ作成はまったく難しくありません。これは一種のデザイン行為であり、ファミリ作成ができるようになると、Revitはずいぶん扱いやすくなります。

ここではドアを例に建具を作る練習をします。ドアや窓などの建具は頻繁に作成するものです。部品に分けて作成しておくと、あとは組み合わせればいいのでたいへん便利です。

Step 1-1 ガラス記号の詳細コンポーネント

ガラスを表す記号はいろいろありますが、今回は下の図のような記号を使います。
ガラス記号
いきなりすべてを作らず、まず部品のファミリを作成します。

(1) [新規作成]-[ファミリ]で「詳細項目(メートル単位).rft」を選択
(2) 既存の参照面の交点から45度に新たな参照面を作成し、寸法を使ってロックします。
参照面を作成し角度寸法でロックする
(3) [管理]-[オブジェクトスタイル]で、サブカテゴリ「建具記号_ガラス」を作成。
建具記号_ガラス を新規作成

(3) [作成]-[線分]で線分をを下の図のように「建具記号_ガラス」で作成し、寸法を与えます。
説明を追加

(4) 寸法を選択し、オプションバーの「ラベル」から、<パラメーターを追加>を選択し、タイプパラメーター「記号_ガラス_長さ」「記号_ガラス_間隔」を作成します。

(5) 記号_ガラス_コーナー.rfaとして保存します。

Step 1-2 ガラス記号の詳細コンポーネント

記号_ガラス_コーナー.rfaを複数組み合わせて、ガラス記号.rfaを作成します。

(1) [新規作成]-[ファミリ]で「詳細項目(メートル単位).rft」を選択
(2) 既存の参照面を中心に、上下左右に等間隔で新たな参照面を作成し、それぞれ寸法を与えて均等ロックをします。
上下左右に参照面を作成
(3) 寸法を選択し、オプションバーの「ラベル」から、<パラメーターを追加>を選択し、インスタンスパラメーター「記号_ガラス_幅」「記号_ガラス_高さ」を作成します。
(4) 上下左右の参照面のパラメーター「参照」をそれぞれ「上」「下」「左」「右」とします。
参照面の「参照」プロパティを設定
(5) Step 1-1で作成した、記号_ガラス_コーナー.rfaをロードします。
(6) 回転や鏡像を使って適切な方向にして4つのコーナーに配置し、「位置合わせ」コマンドを使ってロックします。
「位置合わせ」を使って、参照面に確実にロックする
(7) 配置したガラス記号_コーナー.rfaを選択し、「タイプを編集」をクリック
(8) 「ガラス記号_長さ」「ガラス記号_間隔」の右端の□をクリックして、同じ名前のタイプパラメーターを新規に作成して関連付けます。
記号_ガラス_コーナーのタイププロパティを関連付ける
(9) 右上と左下のガラス記号1を選択し。[表示]の□をクリックし、「右上左下」という名前のパラメーターを新規作成して関連付けます。
表示パラメーターを関連付ける
(10) 左上と右下のガラス記号1を選択し、[表示]の□をクリックし、「左上右下」という名前のパラメーターを新規作成して関連付けます。
(11) [作成]-[ファミリタイプ]で、タイプパラメーター「反転表示」を[はい/いいえ]、[グラフィックス]で作成します。

(12) 右上左下の式に「=not (反転表示)」、左上右下に「=反転表示」を設定。これで、二組の記号の表示をクリック一つで反転することができます。
式を設定
(13) 最終的なパラメーターは以下のようになります。
「反転表示」はオフにしておく


(14) 記号_ガラス.rfaとして保存します。

Step 1-3 ガラスのファミリ

ガラスだけのファミリを作成します。平面図、断面図、立面図での表示も作成します。

(1) [新規作成]-[ファミリ]で「一般モデル(メートル単位).rft」を選択
(2) [作成]タブ-[プロパティ]パネル-[ファミリカテゴリとパラメーター]で「ドア」を選択
カテゴリを選択
(3) 平面図で下の図のように参照面と寸法を作成し、パラメーター「厚さ」を設定する。また、参照面の参照プロパティおよび名前プロパティも「正面」「背面」「右」「左」を設定する。
参照面と寸法、パラメーターを設定
(4) 立面図の背面を開いて、参照面の参照パラメーターと名前を設定します。「下」の参照面はレベルの線と重なっているので、TABキーを使って慎重に選択してください。

(5) 幅と高さの寸法を選択して、オプションバーのラベルから「幅」「高さ」を選択し、「インスタンスパラメーター」にチェックを入れる。
インスタンスパラメーターにチェックを入れる
(6) [作成]タブ-[フォーム]パネル-[押し出し]で、[描画]パネルから[長方形]を選び、図のように描画して、スケッチラインを参照面にロックし編集モードを終了します。
参照面に確実にロックする
(7) 平面図を開き、位置合わせを使って、正面、背面の参照面にロック
フォームを参照面にロック

(8) フォームを選択し、サブカテゴリを「ガラス」にする。
サブカテゴリを

(9) マテリアルの□をクリックし、パラメーターを関連付けます。
マテリアルのパラメーターを関連付ける

(10) 立面図-背面 を開き、Step 1-2で作成した、記号_ガラス.rfa をロードし、一旦適当に配置します。
(11) 配置した記号_ガラス.rfaを選択し、[作業面]パネル-[作業面を編集]をクリックし、「正面」を選択します。
作業面を設定

(12) インスタンスプロパティ「記号_ガラス_幅」「記号_ガラス_高さ」の□をクリックして、それぞれ「幅」「高さ」に関連付けます。
幅と高さを関連付ける
(13) 前景で描画のチェックを外します。
前景で描画のチェックを外す
(14) 記号の上下左右の中心を位置合わせします。
位置合わせで中心線をロック
(15) 同様に平面図-正面をひらき、[注釈]タブ-[詳細]パネル-[詳細コンポーネント]で、記号_ガラスを、作業面「背景」に配置し、同様の設定を行い、中心線をロックする。
背景に詳細コンポーネントを配置
(16) 配置した記号を選択し、プロパティウィンドゥの[タイプを編集]をクリック。[反転表示]の□をクリックして、インスタンスパラメーター「反転表示」に関連付ける。
反転表示を関連付ける

(17) 平面図-参照レベル を開き、フォームを選択し、[修正|ガラス]タブ-[モード]パネルの表示設定をクリック。下の図のように設定し、立面図を除いてこのフォームを表示しないように設定する。
フォームは立面図を除いて表示しない。
(18) [注釈]タブ-[詳細]パネル-[シンボル線分]をクリック。サブカテゴリを「ガラス[切り取り]」として、ガラスの線分を下の図のように作成。
詳細線分を作成

(19) 位置合わせを使って、左右、水平位置を参照面に合わせる。
(20) 作成したシンボル線分を選択し、[表示設定]をクリック、「インスタンスが切断された場合のみ」にチェックを入れる。
インスタンスが切断された場合のみをチェックする
(21) 立面図-右 を開き、(17)-(19)の手順を繰り返し、断面時のシンボル線分を作成すします。
断面のシンボル線分を作成
(22) フォームを選択し、プロパティウィンドウの[マテリアル]の□をクリックし、例によって「マテリアル_ガラス」というパラメーターを作成して関連付けます。
マテリアルのパラメーターを関連付ける
(23) 立面図を開き、記号を選択、タイププロパティを開いて、「記号_ガラス_長さ」、「記号_ガラス_間隔」を同じ名前のタイプパラメータを作成して関連付ける。
記号_ガラス_長さ 記号_ガラス_間隔 の関連付け

(24) ファミリパラメーターダイアログボックスで「厚さ」パラメーターを適切な値に変更する。また、[マテリアル_ガラス」にも、適切な値を設定する。
パラメーター一覧

(25) 3Dビューの「ビュー1」を開いて、見え方を調整する。

(26) 名前を付けて保存でファミリを選択し、オプションをクリック。サムネイルプレビューに3Dビュー:ビュー1を設定し、「ビュー/シートが最新でない場合は再生成」にチェックをして、「部品_ガラス.rfa」として保存する。

以上でガラスの部品は完成しました。プロジェクトにロードして、以下の点をチェックしてみてください。

  • 幅・高さの変更に形状、記号がつ追随するか?
  • 記号は片面だけ表示されているか?
  • 記号の反転表示はできるか?

プロジェクトにロードした「部品_ガラス」

今回はガラスの部品を作成しましたが、様々なテクニックをご紹介しました。次回は、このガラスを使って、ドアパネルを作成します。


23 件のコメント:

  1. 上記方法で作成してみたのですが、サイズを変更した際に記号が追随されません。どの設定を見直せばよろしいでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. Step 1-3 (12)のところで記号のインスタンスプロパティの幅・高さとガラスの幅・高さの関連付けはできているでしょうか?記号はガラスの中心にロックされているて、幅と高さはパラメータで調整されるようになっています。

      削除
  2. もう一度、最初から作り直したのですが、Step1-2(13)の時点で以下の差異があります。
    記号_ガラス_幅、記号_ガラス_高さのロック欄にチェックボックスが表示されていません。また、それぞれの名称に”(報告)”とついています。
    そのせいか、Step 1-3 (12)のところで右側の□が選べないようになっており、それ以上先に進むのが怖いです。
    もう一度作り直してみますが、どこがいけなかったのか、教えていただけますでしょうか。

    返信削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  4. revit初心者です。手順に従い、図面を作成しているのですが、いくつか分からない箇所があります

    ①Step1-2(13)でのファミリタイプのダイアログボックスの式欄に「=not(反転表示)」と「=反転表示」と表示されているのですが、これは自分で入力するものなのでしょうか?それとも、最初から自動入力されているものなのでしょうか?

    ②Step1-3での建具関係のガラスのファミリの作成過程は今回の例題に限らず(1)[新規作成]-[ファミリ]で「一般モデル(メートル単位).rft」を選択し、(2) [作成]タブ-[プロパティ]パネル-[ファミリカテゴリとパラメーター]で「ドア」を選択して作図作業に取り掛かる流れが一般的なのでしょうか?

    返信削除
  5. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  7. revit初心者です。手順に従い、図面を作成しているのですが、いくつか分からない箇所があります。

    ①Step1-3(17)(20)が何の為の作業かがわかりません。申し訳ありませんが、教えてください。

    ②Step1-3(22)の作業は(9)で既に行っているので、必要がないと思うのですが、理由か何かあるのでしょうか?教えてください。

    ③Step1-3(24)のファミリタイプダイアログを見ているのですが、(23)の作業で関連付けた「記号_ガラス_長さ」と「記号_ガラス_間隔」が寸法グループからグラフィックスグループに属しているのですが、グループを変更した理由は何なのでしょうか?教えてください。

    返信削除
  8. (17)ガラスの切断面は単線で表示したいので、ガラスのフォームを平面図や断面図では非表示にして、シンボル線分だけでの切断面をそのまま平面図に出さず、シンボル線分で単線で表示するための処置です。ガラスをそのまま表示するとつぶれて太い線になってしまうのを避けるためです。

    返信削除
    返信
    1. 御返答、有難うございます。Step1-3(18)や御返答文中に出てくるシンボル線分とは、今回のガラス作成の他、例えばどのような場面で使用されるのでしょうか?御多忙中、恐縮ですが、御指導をよろしくお願い致します。

      削除
  9. ③パラメータの所属グループはどこにあってもふるまいに影響はありません。外観に関するパラメータをグラフィックスにまとめただけです。上のダイアログで寸法グループに入っているのは「間違い」でした。

    返信削除
    返信
    1. ご返答、有難うございます。新しく作成されたパラメーターはどこのグループに属していても問題はないとの事が理解出来ました。今後もREVITで分からない点がありましたら、御指導の程、よろしくお願い致します。

      削除
  10. ②間違いでしたー。ご指摘の通りです。

    返信削除
    返信
    1. ご返答、有難うございます。今後もREVITで分からない点がありましたら、御指導の程、よろしくお願い致します。

      削除
  11. 例えばダイニングチェアを考えてみてください。平面図にダイニングチェアを表示する場合、モデル形状をそのまま投影して表示しても縮尺によっては複雑すぎる場合があります。シンボル線分を使えば、モデルを平面図では非表示とし、その代わりに外形線を示すシンボル線分を表示すれば、すっきりした図面表現が可能です。

    返信削除
  12. 御返答、有難うございます。今回の御返答の内容は平面図から見て複雑な形状をした椅子を非表示にし、シンボル線分で描かれた単純な形状の椅子に入れ替えるとの解釈で良いのでしょうか?

    今回の高取氏の御返答に関して新たに質問が2つあります。

    ①シンボル線分は2次元の図面でのみ表示が可能で、3次元の図面には表示されない解釈で良いのでしょうか?

    ②高取氏からの御返答文書の3行目の「モデルを平面図では非表示とし・・・」とあるのですが、Step1-3(17)で紹介されている非表示方法を行えば、良いのでしょうか?

    御多忙中、恐縮ですが、御指導をよろしくお願い致します。




    返信削除
  13. お世話になります。takyasです。Step1-2(6)での作業内容に関して分からない箇所があります。

    ①修正パネル→位置合わせコマンド→図面に描いた参照線にカーソルで何回かクリックしたのですが、位置合わせマークから鍵マークに変化しません。原因は何なのでしょうか?

    ②Step1-2(6)の作業によって記号_ガラス_コーナー.rfaからロードされたデータと記号_ガラス.rfaで描いた参照線を1つのブロックデータに変化させる解釈で良いのでしょうか?

    御多忙中、恐縮ですが、御指導をよろしくお願い致します。

    返信削除
  14. 位置合わせで参照面に記号を合わせたときに鍵マークが表示されますから、その鍵マークをクリックしてロックしてください。
    ブロックという概念がよくわかりませんが、特に一体化するという事ではありません。ガラス_コーナー.rfaを参照面に拘束(ロック)することで、参照面が移動すると記号も一緒に移動するように設定しました。

    返信削除
  15. お世話になります。takyasです。御返答、有難うございます。ガラス_コーナー.rfaからロードしたガラス記号データを記号_ガラス.rfaの参照線の4コーナーに貼付け、位置合わせコマンドでコーナー4ヶ所(鍵は1コーナーで2ヶ所)で計8ヶ所を鍵でロックし、試しにファミリタイプでの寸法グループの記号_ガラス_幅(既定値)と記号_ガラス_高さ(既定値)の値を1000から2000に変更してみると高取氏の御返答の通りガラス_コーナー.rfaのガラス記号と記号_ガラス.rfaの参照線が一緒に移動する状況になりました。文章が長くなり申し訳ございません。高取氏の御指導を参考にしたいと思います。それでは失礼致します。

    返信削除
  16. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  17. お世話になります。takyasです。Step1-3の作業でいくつか分からない箇所があります。

    ①(10)~(14)の文書は立面図-背面にガラス記号を貼付ける作業過程を説明されている文書で良いのでしょうか?

    ②(11)の作業で、なぜ作業面を正面にする作業過程があるのでしょうか?

    ③(13)の文書で「前景で描画のチェックを外します。」と記されているのですが、この作業を行う事によって、どのような変化が起きるのでしょうか?

    返信削除
  18. ②記号を正面と背面の作業面上に配置するためです。
    ③前景で描画にチェックが入ると、記号が配置されている位置にかかわらず必ず描画されます。チェックが入っていないと始点から該当要素までの間になにかフォームがあれば隠れて見えなくなります。この場合は前面から見たときは、背面に配置された記号はガラスのフォームに隠れて見えないことになります。

    返信削除
    返信
    1. お世話になります。takyasです。御返答、有難うございます。
      参考にしますので、よろしくお願い致します。失礼します。

      削除