2021年10月17日日曜日

造作工事カテゴリの平面図表示(3)~切断位置

平面図での切断表示位置を変更するには?

平面図における造作工事ファミリの平切断位置は規定値では+1200ですが、ファミリの編集時に、切断位置を指定することができます。

次のような造作工事のファミリをプロジェクトに配置し、平面図で表示します。前回お話しました通り、ビュー範囲の断面の位置を変更しても、常に+1200の位置の切断面として表示されます。(緑が切断・赤が投影)

ビューの切断位置:+1500

ビューの切断位置:+500
平面図では常に左側の仕切板が切断されていることに注目してください。

ファミリを編集

この造作工事のファミリを「ファミリを編集」で開きます。

  1. プロジェクトブラウザ>ビュー>平面図>参照レベル
  2. このときプロジェクトブラウザで、もう一度「参照レベル」をクリックし、プロパティウィンドウにビューのプロパティを表示します。
    参照レベルビューのプロパティを表示

  3. 範囲グループのプロパティ「ビュー範囲」の編集ボタンをクリック。
  4. 断面の位置が1200になっているので、これを任意の値(ここでは6
    00)に変更してOK。
    ビュー範囲の断面を600
  5. 保存して、プロジェクトにロード。
この結果、

ビューの切断位置:+1500


ビューの切断位置:+500

今度は常に右側の仕切り板が切断として表示されるようになります。造作工事ファミリの平面図での切断位置はファミリの編集で平面図の参照レベルのビュー範囲の断面を変更することで変更することができます。

天井伏図の表示

実は同じことが天井伏図の表示にも適用できます。ファミリの編集で、天井伏図の参照レベルビューのビュー範囲の断面の値が、プロジェクトで切断位置となります。
天井伏図のビュー範囲の断面

天井伏図のファミリの描画は平面図とは逆に、ファミリの下方から上方に向けてフォームをひとつずつ投影で表示するか切断で表示するかを判断していきます。注意していただきたいのは「切断して上を見る」ではない、ということです。平面図と天井伏図においてはドア、窓、造作工事のファミリではあくまでもすべてのフォームが描画対象です。
次の図は今回取り上げている造作工事のファミリを下から見た図ですが、一番下の赤色で示したフォームが投影で表示されると、あとのすべてのフォームは隠れて見えなくなる、ということになります。
底板がほかのフォームを隠してしまう

ですから、ファミリの天井伏図のビュー範囲の値をどのようにしても、次の図のように表示されます。
天井伏図では「底板」が投影で表示される
そこで、フォームの表示設定に「平面図/天井伏図で切り取り時(カテゴリが許可する場合)」というプロパティがあるわけです。
平面図/天井伏図で切り取り時(カテゴリが許可する場合)
このチェックを外すことで
  1. 平面図/天井伏図の断面位置がファミリと交差するときは
  2. このフォームを描画対象としない
ということになります。そして「平面図/天井伏図」にチェックが入っていれば
  1. 平面図/天井伏図の断面位置がファミリと交差しないときは
  2. このフォームを描画対象とする
という設定ができます。

2021年10月3日日曜日

造作工事カテゴリの平面図表示(2)

ビューの断面位置の状態を表示したいが・・

造作工事のファミリの平面図での表示は、ファミリ自身の高さによって切断できるかどうかが決まります。ファミリの高さが1200以下は常に投影として表示され、1200を超えると切断が表示されます。それでは高さが1200を超えていれば、平面図上での表示はビュー範囲断面の位置によはずです。

次の図のように、仕切りの位置が上段と下段で異なる造作工事のファミリを作成して表示を確認してみます。

上段と下段で仕切りの位置が異なる造作工事ファミリ

FL+500をビュー範囲の断面にして、仕切りの高さを変えて次の図のように並べます。

高さと仕切りの位置に注目してください。

平面図(ビュー範囲断面=FL+500)をみると次の図のようになります。前回同様に赤が投影/サーフェス緑が断面です。

平面図
右の二つは断面が表示されず、左の高さ1200のファミリ同様の表示となっています。これはどういうことでしょう。

平面図/天井伏図で切り取り時(カテゴリが許可する場合)

造作工事ファミリは高さ1200を超えると、その断面を表示することが可能ですが、切断位置よりも上にある要素も表示されます。単純に「切り口から下」が見えているわけではありません。平面図には天板の投影が表示されていた、というわけです。

造作工事ファミリは全てのフォームが表示される

造作工事のファミリはすべてのフォームが投影または断面で表示されます。このファミリでは天板が投影として表示されていたのでその下にある仕切板のフォームが隠されてしまった、ということです。

そこで、ファミリで天板と棚板を選択して、モードパネルから表示設定を選択してみます。

フォームの表示設定
平面図/天井伏図で切り取り時(カテゴリが許可する場合)のチェックを外します。

平面図/天井伏図で切り取り時(カテゴリが許可する場合)
こうすることで、ファミリが平面・天井伏図でビュー範囲断面と交差していた時に、フォームを非表示とすることができます。
この設定でファミリをプロジェクトにロードすると、平面図には断面が側板や仕切り板の切断面が表示されるようになります。
断面が表示された!
これで解決!あれ?ちょっと変ですね。右の二つのファミリの表示が同じになっています。ビューの断面と交差している仕切板は中央と右で異なっています。
切断されている仕切り板に注目
それなのに、平面図では同じ表示となっています。これはいったいどういうことでしょう?

高さ1200での切断が表示される

実は造作工事ファミリはいつでもファミリの基準点から高さ1200の位置で切断された状態が表示されます。つまりビュー範囲の断面位置を変えても表示は変わらない、ということなのです。次の図のように、下段の仕切り板が高さ1200を超えるようにすると
平面図で下段の仕切板が表示されるようになります。
+1200の位置での断面が表示される

さらに次のようにファミリを下げてみます。
ビューの断面は上段の仕切と交差しているが。。
平面図はやはり、ファミリの挿入基点から+1200の位置の断面を表示します。
表示は常に+1200

結論として、造作工事ファミリのフォームは平面図/天井伏図では
  • ファミリの上端が挿入基点+1200までは、常に投影として表示
  • +1200を超えた場合、ビューの断面と交差しているかどうかだけが判断され、常に挿入基点+1200での断面が表示される。
ということになります。平面/天井伏ビューの断面位置での状態をフォームのみで表示することは実質不可能ということになります。

2021年9月26日日曜日

造作工事カテゴリの平面図表示(1)

造作工事カテゴリの平面図表示

造作工事カテゴリは主に作り付けのカウンタなどの造作家具・雑工事に用います。造作工事ファミリの平面図上の表示には、他のカテゴリにはない工夫が組み込まれていますので注意が必要です。

ビュー範囲の断面よりも上

たとえば、造作工事カテゴリで作成した高さ1300mmの角柱を高さを変えて次の立面図のように配置してみます。

造作工事ファミリを高さをかえて配置してみる

平面図のビュー範囲を

  • 上:上のレベル
  • 断面:+1500
  • 下:±0

とした場合、次の図のように表示されます。

投影/サーフェスを赤、断面を緑で表示しています。

一番右側のファミリはビュー範囲の断面より上にあるにもかかわらず、平面図上に投影/サーフェスとして表示されています。この機能により、ビュー範囲断面よりも上部にある吊戸棚などが表示できます。平面図上に表示できたら、ラインワークやフィルタを利用して破線で表示することが可能になります。

ファミリの高さに注意!

ファミリの高さにも注意が必要です。上の図の造作工事ファミリの高さを1200にしてみます。

造作工事ファミリの高さを1200にすると・・・

同じビュー範囲の設定で平面図で表示してみます。

すべてが投影/サーフェスとして表示される

すると、ビュー範囲断面と交差している中央のファミリも投影/サーフェスとして表示されてしまいます。これは一体どういうことなのか?

ファミリの高さ1200が境目

造作工事のファミリはそのファミリの高さが1200までは、ビュー範囲断面の位置にかかわらず、常時ファミリの上方からの投影として表示されます。造作の角柱ファミリを高さを変えて配置してみます。
高さの異なる造作工事ファミリを配置
平面図のビュー範囲:断面を+500として表示してみました。
ファミリの高さが1200までは常に上方からの投影として表示される
ファミリの高さが1200を超えると断面として表示され、1200以下だと常時投影として表示されます。たとえば高さを1201mmとすれば断面として表示されます。

壁にも同じような仕組みがある

主題とは異なりますが、このようにファミリの高さによって平面図上の表示が制御される要素はほかにも壁があります。
壁の高さは同じでも表示に違いがある


壁の高さ自体は1999で同じなのですが、壁の上部を「指定高さ」にした場合は、高さが2000未満の場合は常に投影/サーフェスとして表示されます。

2021年9月12日日曜日

分割線とビュー参照

分割線とビュー参照
分割線

分割線はビューを分割する位置を示す高さのある線です。複数のレベルにまたがり、同じ位置で表示されます。

ビュー参照

ビュー参照は文字通りビューを参照する記号というかタグです。どのビューを参照するのかは手動で設定するのでいまいちRevitらしくはないのですが、ダブルクリックするとそのビューを表示するなど、大変便利な機能です。

使い方

使い方を動画にまとめました。YouTubeとAKNで公開していますので参考にしてください。



2021年8月22日日曜日

従属ビュー

従属として複製

大きくてシートに入りきらないビューを複数に分割して表示するには「従属として複製」の機能を使うと便利です。

従属複製でビューを分割!

従属複製はあくまでも親ビューの一部という扱いなので、親ビューや他の従属ビューでの修正がすべての従属ビューに反映されます。

この機能を使用する場合のいくつかの注意点をまとめた動画を作成しました。AKNとYouTubeで公開していますのでご覧ください。

2021年8月14日土曜日

電気器具ファミリ(6)~表示の調整

記号と表示の設定

作成した記号を電気器具ファミリにネストして、表示を調整します。コンセントは平面図では記号、立面図ではその形状を表示します。それぞれちょっとしたポイントがありますので、動画でご確認ください。


参考データ(バージョン2021)

記号のデータ

電気器具ファミリのデータ(記号ネスト前)


2021年8月9日月曜日

電気器具ファミリ(5)~電気記号

移動/尺度変更可能な記号

電気器具のファミリを平面図に表示するときに記号を用いて表示するのですが、コンセントやスイッチは、実際の配置場所から上下左右にオフセットできたり、大きさを変更できる必要があります。今回はサンプルとしてコンセントの記号を取り上げてみます。

サイズ変更・オフセット可能な記号

ファミリの作成は文章にするとわかりにくいので、久しぶりに動画を作成しました。AKNとYouTubeで公開しています。



サンプルデータ(v2021)はこちらからダウンロードしてください。



2021年7月25日日曜日

電気器具ファミリ(4)~負荷分類

負荷分類を集計する

電力コネクタには極・電圧・皮相負荷に加えて、負荷分類というプロパティがあります。これは文字通り負荷の種類を分類するものです。回路の接続先の盤では、負荷分類ごとに負荷の状況が集計されます。

次の図は負荷分類を「照明」に設定した照明器具と「電力」に設定した電気器具を配置して、一つの電灯分電盤に接続しているところです。

1L-2にコンセント(電力)とダウンライト(照明)の回路を接続

盤1L-2を選択してプロパティを見てみると、接続されている負荷分類ごとに「接続」「指定需要」「接続電流」「推定需要電流」「需要率」が集計されています。

盤のプロパティでは負荷分類ごとに状況を確認できる

この電灯分電盤のパネル集計表を作成すると次の図のようになり、「照明」と「電力」それぞれの負荷の合計が下段に表示されます。前回少し触れましたが、パネル集計表のパネルとは、「盤」のことで、「盤集計表」といったほうがわかりやすいかもしれません。

パネル集計表も負荷分類ごとの総計が

次の図は照明と電力をそれぞれの電灯分電盤に接続して、さらにこれらの電灯分電盤を配電盤(1L-1)に接続している場合です。

1L-2と1L-3を配電盤1L-1に接続
これをシステムブラウザで表示すると次の図のようなツリー構造が形成されています。
システムブラウザで表示

配電盤のパネル集計表を作成すると、同様に照明と電力それぞれの負荷が集計されます。

一番上位の配電盤には接続されているすべての負荷分類ごとの負荷が集計される
このように接続のツリー構造を形成していくと、最上位の配電盤(おそらくキュービクル内の高圧受電盤になる)に、その建物で使用されているすべての負荷が負荷分類ごとに集計されます。

負荷サブ分類モーター

ここで、1L-2に接続されている電力に設定した電気器具のいくつかの「負荷サブ分類モーター」にチェックを入れてみます。

資格で囲んだコンセントの「負荷サブ分類モーター」に☑

これで1L-1のパネル集計表を見ると、負荷分類「モーター」が追加されています。

負荷サブ分類「モーター」が追加されている

負荷サブ分類モーターにチェックを入れると、「電力は電力でもモーターに使っている負荷」を別集計できる仕組みになっています。この「モーター」はRevitのプログラムにハードコードされている固定値でユーザーが変更することはできません。名前一致なので、「モーター」という負荷分類を追加して集計すると一緒に集計されます。モーターの負荷だけを特別に集計するのは米国の事情によるもののようです。

2021年7月18日日曜日

電気器具ファミリ(3)~ 平衡と不平衡

電力の二種類のコネクタ

電力のコネクタには「平衡」と「不平衡」があります。どちらを選択してもシステムタイプは「電力」なので、回路に接続することができます。これはファミリの性質ごとに決めればよいのであって、特にプロジェクト全体になにか影響を及ぼすようなものではありません。

極数が2または3の時に意味がある

極数が1の時は平衡も不平衡も違いはありません。極数が2以上(といっても2と3しかありませんが)の場合に意味を持ってきます。次の図は単相三線式の配電方式に、コネクタを平行に設定した200Vコンセントと、不平衡に設定した200Vのコンセントを接続している様子です。いずれも極数は2で、二つの電力線を引き出しています。

不平衡と平衡では皮相負荷の設定方法が異なる

コネクタのシステムタイプが「電力-平衡」の場合、コンセントに設定したトータル負荷が、それぞれの極に均等に配分されます。コネクタのプロパティも次の図のように「皮相負荷」のみが利用できます。

平衡+極数2

コネクタのシステムタイプが「電力-不平衡」の場合、各極にそれぞれ皮相負荷の値を設定できます。

不平衡+極数1
同様に極数が3の場合は、次の図のようになり、3つの極それぞれに皮相負荷を設定できるようになります。
極数3の場合

極数が1の場合は、平衡でも不平衡でも、電圧線が1本しかないので、いずれにしても設定できる皮相負荷は一つだけです。

極数が1の場合は、結果としては同じ

設定の効果

平衡、不平衡の設定はどのような効果があるのでしょうか?これは回路を介して分電盤に接続されたときに現れます。

たとえば次のように分電盤にコンセントが接続されていたとします。200Vコンセントは不平衡と平衡に設定されています。

接続例
不平衡のコンセントを10VAと50VAに設定して、1L-2に接続されている状況をパネル集計表を作って確認すると、次のようになります。
P5,6の回路に注目

平衡のコンセントが接続されている回路はP3,4です。設定された60VAの値がA相B相均等に30VAずつ分配されています。一方、不平衡のコンセントの回路はP5,6ですが、A相とB相でそれぞれ10VA、50VAとなり、総負荷がA相80VA、B相120VAでバランスが取れていません。
そこで、200V不平衡コンセントの皮相負荷を30VAずつに割りててみます。すると、パネル集計表は次のようになります。
A相とB相で同じ負荷となった

平衡か、不平衡か?

このように皮相負荷は、相ごとに集計されますので、配電盤で電力の平衡を細かく調整したい場合は不平衡を選択しておくとよいでしょう。どちらを選択しても電力システムとして回路を構成できるので、ファミリの性質や、普段の業務スタイルなどの条件でどちらかに決めるとよいでしょう。

2021年7月11日日曜日

電気器具ファミリ(2)~極数

 コネクタの設定

形状が作成できたら次はコネクタを設定します。ファミリはコネクタを介して回路を経由して盤に接続されます。まずは電気コネクタをファミリに配置します。

コネクタの位置は「参照面」または「フォームの面」の中央に配置することができます。

  1. 3Dビューを表示し、「面」のフォームを選択。
  2. ビューコントロールバーから「要素を非表示」を選択して非表示にする。
    基準面のフォームを非表示にする

  3. コンセントの裏側を表示する。
  4. 作成タブ>コネクタパネル>電気コネクタ
  5. 配置パネル>面を選択し、コンセントの任意の面をクリックしてコネクタを配置する。
    コネクタを配置

電気コネクタのシステムタイプ

作成した電気コネクタを選択し、プロパティウィンドウを確認してください。コネクタのプロパティはシステムタイプによって、内容が変化します。

システムタイプの種類

電気コネクタには次のシステムタイプがあります。
------電力------
電力 - 平衡
電力 - 不平衡
電力 - 平衡を選択した場合のプロパティ

------弱電------
データ
電話
警備
火災報知
ナースコール
監視制御
通信
弱電のシステムタイプを選択した場合

電力系のシステムタイプを選択すると、極数、電圧など電力に関する情報を設定することができますが、弱電系のシステムタイプを選択した場合、システムタイプ以外に設定する項目はありません。
コンセントは電力を消費するので、「電力 - 平衡」または「電力 - 不平衡」を選択します。では「電力 - 平衡」と「電力 - 不平衡」は何が異なるのでしょうか?そのためにはまず極数について理解しておく必要があります。

極数とは

極数とは、このファミリが配電システムから引き出す電圧線の数、つまり電極数を示しています。極数はファミリが必要とする電圧と接続先の配電システムによって決まります。

単相2線式 100Vに接続する場合(100V=極数1)

単相2線式100Vの場合、電圧線を1本取り出せば100Vの電力を得ることができます。したがって極数は1となります。
単相二線式 100Vから100Vを取り出す


単相2線式 200Vに接続する場合(200V=極数1)

単相二線式200Vから200Vを取り出す場合は、引き出す電圧線は1本ですので極数は1です。
単相二線式 200V から200Vを取り出す

単相3線式 100/200Vに接続する場合(100V=極数1、200V=極数2)

次の図では単相三線100/200Vの配電システムに、コンセントを接続し100Vと200Vを取り出してます。
単相三線式から200Vと100Vを取り出す
200Vの電圧と取り出すためには、2本の電圧線に接続する必要があるので、極数は2です。また100Vの電圧と取り出すには、1本の電圧線に接続するので、極数は1です。

三相3線式 200Vに接続する場合(200V=極数2)

三相三線200Vの場合は、3本すべてが電圧線で、どの2つの組み合わせも200Vですので、これも200Vの場合は極数は2です。
三相三線から200Vを取り出す場合

三相4線式 240/415Vに接続する場合(200V=極数1)

三相四線240V/415Vの配電方式から、200Vを取り出す場合は、引き出す電圧線は1本だけでよいので極数は1となります。極数は1、2、3が設定可能です。この配電方式の場合、400Vを取り出す場合、極数が3となります。
三相4線から200Vと400Vを取り出す

このように同じ200Vの電圧でも、接続する配電方式(Revitでは配電システム)により、極数は異なります。一方100Vの場合はいずれの配電方式でも極数は1となります。

次回は、平衡と不平衡の違いについてです。