2024年5月19日日曜日

共有座標保存

リンクを管理ダイアログボックス

リンクを管理ダイアログボックスには「共有座標保存」という列があります。今回はこの列の意味について。。。

共有座標保存

英語版だとこの列はPositions Not Savedであり、位置未保存という意味になり、座標公開や、座標取得でリンクファイル間で座標(真北と測量点)を共有している場合に、相互の位置関係を修正して、その関係をまだ保存していない場合に✔がはいるようになっています。いわば警告のような意味なのですがちょっと分かりにくいですね。
具体的に見てみましょう。

座標を公開すると✔

例えば、次のような敷地のプロジェクトを作成し、真北と測量点をBMなどの位置に設定します。

測量点と真北を設定

そこに建物のプロジェクトをリンクし、位置を決定します。

リンクして位置を決定
この時点では、リンクを管理ダイアログボックスは次のようになっており、共有座標保存には✔は入っていません。座標を共有していないので当然といえば当然です。
共有座標保存に✔は入っていない

ここで、管理タブ>プロジェクトの位置パネル>座標▼>座標公開 で、建物のプロジェクトの外構を指定して、敷地プロジェクトの座標を公開します。つまり、建物プロジェクトの指定した外構の真北と測量点を一致させます。これが座標の共有です。

敷地の座標を建物に公開(パブリッシュ)する
この時点で、リンクを管理ダイアログボックスを開くと、共有座標保存に✔が入ります。

共有座標保存に✔が入る
このチェックボックスは、リンクされたプロジェクト(ここでは建物のプロジェクト)が、ホスト(ここでは敷地)のプロジェクトと座標系を共有していて、まだ位置関係が保存されていないことを示しています。

建物の位置を移動すると・・・

では、座標公開後に建物の位置を移動してみます。
建物の位置を座標公開後に移動

このまま保存ボタンを押すと次のようなダイアログボックスが表示されます。
保存ボタンで表示される
これらの意味は
保存:移動後の位置を共有座標としてキープする。
保存しない:最初に座標公開した位置をキープする。
共有位置を無効:座標を共有すること自体をやめる。位置は現状のまま。

一般的には(Revitのダイアログは総じてそうなのですが)一番上の保存を選択し、移動後の建物位置を共有座標として保存します。

この働きは保存ボタン以外にも、リンクを管理ダイアログボックスでも同じ機能があります。リンク名列でプロジェクトを選択すると、ダイアログボックス左下の「位置を保存」ボタンが有効になります。
位置を保存ボタンが有効化される
このボタンを押しても、上記の「位置が変更されました」ダイアログボックスが表示されます。

建物プロジェクトを開くと・・・

いったん敷地プロジェクトを保存して閉じ、建物プロジェクトを開きます。そして、挿入タブ>リンクパネル>Revitリンク をクリックし、敷地のプロジェクトをリンクします。このとき、配置を「自動 - 共有座標を指定」を選択します。
配置に「自動 - 共有座標を指定」
座標系(真北と測量点)が敷地と共有されているので、同じ位置に敷地が設置されます。
敷地が同じ位置に配置される
このとき、リンクを管理ダイアログボックスを見てみると共有座標を保存には✔が入っていません。位置関係は保存済みで問題がないことを示しています。
共有座標を保存には✔が入っていない
ここで、敷地を移動します。
敷地を移動すると警告が表示される
座標を共有しているため、移動後の位置関係を保存するかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。今すぐ保存を選択すると、建物と敷地の位置関係が保存されます。OKを押して、いったん保留しても、リンクを管理ダイアログボックスを開くと・・・
位置を保存ボタンが有効に!

共有座標保存に✔が入って、まだ位置関係が保存されていないことがわかります。そこで、リンクファイルを選択すると位置を保存ボタンが有効になり位置関係を保存します。

座標を共有すると、リンク元、リンク先いずれを開いても、相互の関係性を修正して保存することができるようになります。
共有座標保存の列は、「このファイルとは座標を共有していますが位置関係がまだほぞんされていませんよ」という警告の意味なのです。正しい列名は共有座標未保存なのかもしれませんね。

2024年5月12日日曜日

構造フレームの「向き」

「向き」って何?

構造フレームのプロパティ「向き」は普段はグレー(編集不可)になっていますが、どのようなときに編集可能になるのでしょうか?

構造フレームの「向き」とは?

構造フレームは「参照レベル」と「作業面」が必要です。一般に両方ともレベルになっているのですが、勾配面を作成する場合は、作業面を名前の付いた参照面に設定するとその後の勾配調整が便利です。

この場合勾配ベクトルに平行ではない構造フレームの回転を設定するのがこの「向き」プロパティです。

手順と確認方法

立面ビューまたは断面ビューを開き、勾配の付いた参照面を作成して、名前をつけます。ここではAとします。

参照面に名前を付ける

構造伏ビューを開き、構造フレームを作成します。

オプションバーで配置面を"参照面:A"に設定し、勾配に対して直交するように、桁方向に構造フレームを作成します。

配置面として参照面を指定
立面ビューまたは断面ビューを開き、構造フレームが参照面"A"に対して鉛直に配置されていることを確認します。
構造フレームは参照面に直交している
配置された構造フレームを選択すると、インスタンスプロパティ「向き」が編集可能になっているので、値を「水平」に変更します。

「向き」の値を「水平」に
すると、構造フレームが水平になります。
「向き」プロパティ 水平/標準の違い
向きを水平に設定することで、構造フレームが鉛直に保たれます。これは作業面に指定している参照面の勾配を変更しても変わりません。


ウェビナーのお知らせ

2013年に開始したこの「Revit Peeler」を、最初の記事から振り返ってZoomウェビナーで解説することになりました。第1回の配信は5月14日(火)16時です。
詳細や申し込みは下記にて確認してくださいね↓


2024年4月27日土曜日

上書きの優先度

要素が描画される優先順位

Revitには要素を表示するために、オブジェクトスタイル、表示グラフィックスの上書き、フィルタなど様々な方法が用意されています。これらの優先順位がわからないと、「この要素はなぜこのような表示になっているのか?」がわかりません。

この表示表現における上書きの優先度は次のヘルプに書いてあります。

ヘルプ | 要素の表示設定の優先階層 | Autodesk

これによると、優先度の高い順に次のようになっています。

  1. ラインワーク ツール
  2. [ビューのグラフィックスを上書き]>[要素別]>[ハーフトーン]
  3. グラフィックス表示オプション - シルエット エッジ
  4. [ビューのグラフィックスを上書き]>[要素別]
  5. ビューフィルタ
  6. ビューの奥行き - 背景線種
  7. フェーズ グラフィックスの優先設定
  8. [表示/グラフィックスの上書き]>[ホスト レイヤの優先設定]>[切断線スタイル]
  9. [表示/グラフィックスの上書き]>[投影/切断線]
  10. プロジェクトのオブジェクトスタイル
なかなか有意義な情報だと思いますので、あえて掲載いたしました。

ウェビナーのお知らせ

2013年に開始したこの「Revit Peeler」を、最初の記事から振り返ってZoomウェビナーで解説することになりました。第1回の配信は5月14日(火)16時です。
詳細や申し込みは下記にて確認してくださいね↓

2024年4月20日土曜日

吊庇

吊庇の鉄骨

倉庫などによくみられる吊庇のモデリング方法について練習してみましょう。ポイントは構造フレームの参照をレベルではなく参照面や屋根の面に設定することです。


勾配に正対するビューを作成する

まずは屋根を作成します。次のように外壁面から出幅5mで幅約12mぐらいの屋根を作成し、勾配を1:24程度に設定します。

左:平面 右:断面

屋根面に平行な断面図を作成します。断面図1を開き、垂直に断面図2を作成します。
断面図を垂直に作成

作成した断面を選択し、回転コマンドで中心を断面線と屋根の上面の交点に移動して、屋根勾配に平行になるように断面2を回転します。

回転の中心を屋根上面と断面線の交点に移動して回転

ビューの位置や奥行きを調整します。

断面ビューの奥行や位置を調整

作成した断面2ビューを開き、詳細レベルを標準以上に設定します。

屋根面に正対したビュー

構造フレームの配置

大梁小梁の構造フレームを配置します。

  1. 構造タブ>構造パネル>梁 を選択すると、作業面を選択するダイアログボックスが表示される。
  2. "平面を選択"を選択してOKし、屋根面を選択
    作業面として屋根面を選択

  3. インスタンスプロパティで"z位置合わせ"を"下"にする

  4. 構造フレームを描画します。オプションバーの"3Dスナップ"をチェックしておくとやりやすいでしょう。また寸法を配置すると位置の詳細な設定が可能です。
    構造フレームを配置する
  5. 3Dビューを開いて状態を確認

ブレースを配置する

  1. 挿入タブ>ライブラリからロードパネル>Autodeskファミリをロード
  2. 構造フレーム>鉄鋼>丸鋼を選択してロードボタンを選択
  3. タイプカタログで適切なタイプを選択してOK
  4. 屋根面に正対した断面ビューを開く
  5. 構造タブ>構造パネル>梁
  6. タイプでロードした丸鋼を選択
  7. オプションバーで用途を水平ブレース
  8. インスタンスパラメータで"z位置合わせ"を基準点、Zオフセット値を配置済みの構造フレーム成の半分程度に設定

  9. 3Dスナップを効かせながら、図のようにブレースを配置する

梁の参照を変更

ブレースを配置することにより、大梁の端部のカットバックの参照が変更になって隙間が空いてしまいました。

大梁小梁の参照を変更して結合状態を修正します。
  1. 大梁or小梁の構造フレームを選択

  2. 修正|構造フレームタブ>接合ツールパネル>参照を変更
  3. 相手の構造フレームのフランジ端部をマウスオーバーし、TABを何度か押して、フランジのエッジがハイライトされたらクリック

  4. 結合状態が修正されます。

  5. 同じ要領ですべての構造フレームの端部を修正します。

吊材の作成

  1. 挿入タブ>ライブラリからロードパネル>Autodeskファミリをロード
  2. 構造フレーム>鉄鋼>丸型鋼管を選択してロードボタンを選択
  3. タイプカタログで適切なタイプを選択してOK
  4. 屋根の断面ビューを開く
  5. 吊材を配置したい位置に参照面を作成して、名前を付ける(例:吊材)

  6. 断面2(屋根勾配に正対した断面ビュー)を開く
  7. 構造タブ>構造パネル>梁
  8. タイプでロードした丸型鋼管を選択
  9. z位置合わせを下、zオフセット値を0とする
  10. オプションバーで配置面を"参照面:吊材"とし、3Dスナップを外す
  11. 真ん中の大梁上に短めに丸形鋼管を配置

  12. 3Dビューを開き、丸形鋼管を選択


  13. 修正|構造フレームタブ>修正パネル>単一要素をトリム/延長
  14. 屋根の構造フレームのフランジ上面を境界に指定して下端を延長
  15. 同様に上端を柱面まで延長
  16. 他の大梁にコピー

構造フレームは参照面を指定することで勾配をコントロールしやすくなります。参照は
  • レベル
  • 名前の付いた参照面
  • 要素の面
を選択することができます。また、それぞれの参照に正対した作業用のビューを準備することも作業を容易にするポイントです。

2024年4月13日土曜日

構造フレームがトリムされる位置は?

構造フレームの端部

構造フレームの端部が他の構造フレームや構造柱と結合すると、接合部がカットバックされます。


この距離はインスタンスパラメータ"始端の接合部カットバック"および"終端の接合部カットバック"で設定できます。


このカットバック距離の基準となる位置は、一般的には境界ボックス(ジオメトリの最外形ボックス)ですが、任意の参照面に変更することもできます。

  1. ビューの詳細レベルを標準または詳細にする
  2. 構造フレームを選択し、修正|構造フレームタブ>接合ツール>参照を変更
    このとき表示される青色の破線が境界ボックスです。

  3. 柱のウエブの面をクリックすると、

  4. 接合部カットバックの基準が柱のウエブ面に変更されます。

境界ボックスを規定する要素

境界ボックスは要素を囲むボックスですが、その範囲には
  • シンボル線分
  • 参照線(弱参照と強参照)
が含まれるので注意が必要です。例えば鉄骨柱の周囲に耐火被覆の線をシンボル線分で作成すると
シンボル線分で耐火被覆

境界ボックスの範囲にはこのシンボル線分まで含まれます。
シンボル線分も境界ボックスに含まれる
接続する構造フレームの端部は境界ボックスでトリムされることになりますので、シンボル線分を構造柱や構造フレームに設定するときは注意が必要です。

参照変更の使用条件

構造フレームが他の構造要素と接合するときは、いったんは境界ボックスでトリムされますが、参照の変更を使うことでカットバックの基準位置を変更することができます。
参照を変更
参照変更ツールが使用できない場合は
  • ビューの詳細レベルが簡略ではないこと
  • 要素が接合されていること
  • 要素はコンクリートではないこと
  • 要素が直線であること
を確認してください。