2022年8月13日土曜日

BIM INTEROPERABILITY TOOLS(2)

Spatial Data Tool for Revit

今回はBITの機能のうち、「空間データ(SPATIAL DATA FOR REVIT)」の使い方を学習しましょう。


何ができるの?

対象となるカテゴリは「部屋」と「エリア」です。残念ながら「スペース」は対象ではありません。基本的な機能は次の二つです。

  1. 一つあるいは複数の共有パラメータを「部屋」「エリア」に割り当てて値を設定する
  2. 「部屋」と同じ位置にある「エリア」の間でデータを同期する
要するに部屋とエリアでパラメータの値を同期するツール、ということになります。同期できるのは、同じ名前の共有パラメータの間のみで、エリアで計測した面積の値を部屋に設定した共有パラメータに同期するなどということはできません。

練習の準備

こちらに練習用のファイルセットを準備しましたのでご利用ください。
  • 共有パラメータファイル:BITTrainingSharedParameters.txt
  • 練習用RVT(v2019)ファイル:空間データトレーニング.rvt

手順:セットアップ

  1. 空間データトレーニング.rvtを開く
    1. 平面図:レベル1とエリア プラン(床面積):レベル1を確認してください。
    2. 部屋とエリアを選択して、インスタンスパラメータの状態を確認しておいてください。特に特別なパラメータは設定されていません。
  2. BIM Interoperability Tools>空間データ>セットアップ
  3. Step 1.Start.パネルで、「Start from scratch」にチェックを入れて「次に」
  4. Step 2.Sahred Parameters File.で、「Browse」ボタンをクリックし、ダウンロードしたBITTrainingSharedParameters.txtを選択し「次に」
  5. ステップ3 パラメータパネルで、
    1. 空間データトレーニングの3つのパラメータの「+」をクリック。
    2. 「部屋に適用」と「エリアへ適用」をクリックしてONにする。
      ステップ3 パラメータ

  6. Step4. Classification Manager Databaseパネルで、「Start from Scratch」をクリックし、ファイル名を付けて保存
    1. このファイルは、今回の作業では直接使用しませんので、さほど重要ではありません。
    2. 次にをクリック
  7. ステップ5 パラメーター値パネルで、
    1. 下層のグループ:データ(何を選択してもよいがここではデータとする)
    2. 初期値の値を設定:初期値の設定は任意です。
    3. 次に
      ステップ5 パラメータの初期値設定

  8. ステップ6完了パネルで、
    1. 設定をエクスポートで、ファイルを「BITTrainingSpatial1」として保存。
    2. 終了して閉じる
  9. 部屋を選択して、インスタンスパラメータのデータグループに指定したパラメータが設定されていることを確認する。
    部屋にパラメータが追加された

  10. 同様にエリアも確認する。
    エリアにもパラメータが追加された

手順:同期

部屋とエリアでパラメータの値を同期します。
  1. 平面図:レベル1を開く
  2. 部屋1、部屋2、部屋3の空間パラメータ1~3の値を変更する。
  3. BIM Interoperability Tools>空間データ>同期
    1. 部屋はエリアにプッシュを選択
    2. エリアスキームを選択で床面積を選択
    3. また、同期空間データ パラメータ値にチェック
    4. 部屋をすべて選択
    5. 更新して閉じる

  4. エリアプラン(床面積):レベル1を開き、エリアの空間パラメータ1~3の値が部屋1~3と一致していることを確認してください。

Tips

  • 同期対象のエリアが他のエリアスキームにもある場合は、同じ手順を繰り返し、3-2で適切なエリアスキームを選択します。
  • ブランクのみをチェックすると、値を上書きしません。

2022年8月6日土曜日

BIM INTEROPERABILITY TOOLS

BITについて

BIT(BIM INTEROPERABILITY TOOLS)とは、あるルールにしたがった共有パラメータをファミリ・部屋・スペース・プロジェクト情報に設定したり、Revitモデルのルールへの適応状態をチェックするためのツール群です。

BIM INTEROPERABILITY TOOLS

BITは

  • 機器データ(Autodesk Equipment Data Tool for Revit)
  • 空間データ(Autodesk Spatial Data Tool for Revit)
  • 標準データ(Autodesk Standardized Data Tool for Revit)
  • モデルチェッカー(Autodesk Model Checker for Revit)
  • 構成設定ツール(Autodesk Model Checker Configurator)
  • COBie Extension
から構成されています。これらの使用方法について学習しましょう。こちらからインストーラをダウンロードしてください。

機器データ(Equipment Data Tool)の使い方

何ができる?

RFAファイルを分類し、分類に応じた共有パラメータを設定します。編集対象は個々のRFAファイルです。
ポイントはこの「分類」の概念です。例えばドアはドアでもスチールドア・木製ドア・シャッターなど、建築の要素はRevitのカテゴリだけでは分類できないことも多々あります。この分類コードを独自に作成して、分類ごとに適切なパラメータを設定することがBITの目的です。

練習してみよう!

早速ですが、BITを用いて、「機器データ」の機能を使ってみましょう。
この練習では
「ドアのファミリを「ドア」と「シャッター」に分類して、それぞれのファミリに適切な共有パラメータを設定する」
という想定でやってみましょう。

練習セットのダウンロード

練習セットをこちらに用意したのでダウンロードして適切な位置に解凍してください。内容は
  • 共有パラメータファイル:BITTrainingSharedParameters.txt
  • ファミリフォルダ:BITでパラメータを設定するための練習用ファミリ
ここではRevit2019を使って解説します。

1.共有パラメータの確認

この共有パラメータには次のパラメータが設定されています。
このうち、分類1は文字のパラメータで、BITで設定される分類コードを格納するためのパラメータです。
その他のパラメータはドアとシャッター用のパラメータで
  • 建具共通パラメータ1:ドアとシャッター両方に設定
  • ドアパラメータ1:ドアにのみ設定する
  • シャッターパラメータ1:シャッターにのみ設定する
という三つの共有パラメータが設定されています。
BITTrainingSharedParameters.txt

2.分類定義ファイルひな形

まず最初に行うことは、エクセルを使用して分類定義ファイルを作成することです。分類定義ファイルとは、冒頭に申し上げた「分類」を定義するエクセルのファイルです。まずは、ひな形ファイルを作成します。
  1. BIM Interoperability Toolタブ>機器データパネル>構成の作成
  2. Step1:Start From Scrachを選択し「次に」
  3. Step2:Browseをクリックして、ダウンロードした共有パラメータファイルを選択し「次に」
  4. ステップ3では、右下分類情報を格納するパラメータを指定します。(ただしここでの操作は分類定義ファイルのひな型ファイルを得るためのダミー操作で、実際には後述の4.構成ファイルを作成する で本当に有効な操作となります。)
    1. パラメータを選択で「分類1」を
    2. 方法を選択で「タイプ」を選択
    3. 値を適用する方法で「両方」を選択
    4. 連結テキストに「:」を設定
    5. 仮想のグループで「識別情報」を選択し「次に」
    • これらの設定の意味は、後ほど説明しますので、いったんこの通りに入力してください。
      ステップ3

  5. Step4:StartFromScrachを選択して、ファイル名「BITTraining1.xlsx」で練習フォルダ内に保存し、「次に」。このファイルの位置は覚えておいてください。
  6. ステップ5:Titleが5つ並ぶので、どれでもいいので選択し。「終了して閉じる」
  7. 構成を保存する場所を選択ダイアログボックスはキャンセルする
これで分類定義ファイル「BITTraining1.xlsx」が作成されました。この修正はエクセルで直接編集して修正します。

3.分類定義ファイルの編集

ここでは次のように建具を分類してみます。
建具をドアとシャッターに分類する


  1. 5のStep4で指定したファイル「BITTraining1.xlsx」をエクセルで開く。
  2. Product1タブを選択
  3. 次の図のように編集する。セルが白いところが編集可能
    編集するのはセルが白のところのみ

    1. B1:建具の分類番号「D001」
    2. B2:分類の説明として「建具」
    3. B3:バージョン番号を設定(ここでは「0.0.1」)
    4. A9:ドアの分類番号「D001_1」
    5. B9:説明として「ドア」
    6. C9:LEVELの値として、1のD001の下層に入るので 「2」を設定
    7. D9:ドアカテゴリの番号(これはInstructionsタブのB25に値があります。適切なカテゴリを選びます)
    8. 同様に10行目にシャッターの値を設定する。
  4. 保存して閉じる。
LEVELは階層の順位であり、もしD001_1の下層に何らかの値を設定したい場合は、直下の行にLEVEL3として挿入します。
さらに下層に新たなレベルを設ける場合の例

4.構成ファイルを作成する

次にどの分類にどのパラメータを設定するかの構成ファイルを作成します。
  1. 2の分類定義ひな形ファイルの、手順4(ステップ3)までを実行する。
  2. Step4:閲覧の[...]をクリックし、3で編集した「BITTraining1.xlsx」を選択。
  3. 「次に」
  4. ステップ5:D001を選択し「次に」

  5. 「+」をクリックして、次のようにパラメータを追加する。
    パラメータを追加

  6. 下層のグループをすべて「データ」に設定
  7. Unitを「ミリメートル」
  8. 初期値を以下のように設定する(初期値は何も設定しなくても問題ありません)
    初期値は一回選択して、再度クリックして入力

  9. 「次に」を押してエラーがないことを確認し「終了して閉じる」
  10. 構成を保存する場所を選択 で、トレーニングフォルダに「BITTraining1.xml」として保存する。
この構成ファイルには、分類ファイルと分類ごとのパラメータの値が保存されています。このファイルを使ってファミリにパラメータを設定します。

5.ファミリにパラメータを設定する

  1. BIM Interoperability Toolタブ>機器データパネル>ファミリをセットアップ
  2. Step1:Select configuration fileを選択し、[...]をクリックして、作成した構成ファイル「BITTraining1.xml」を選択し、「次に」
  3. 「+追加」ボタンをクリックし、ダウンロードしたトレーニングフォルダのファミリフォルダの「BITTrainingドア1.rfa」「BITTrainingドア2.rfa」を選択して開く
    ファミリを追加

    「次に」を選択
  4. D001_1:ドアを選択して「次に」

  5. パラメータを確認して「終了して閉じる」
    ここで初期値を変更することもできる


  6. プログラムが稼働して、指定したファミリにパラメータが設定されます。
  7. 1からの手順を繰り返してにシャッターにも適用する

確認する

ドアとシャッターのファミリを開いて、パラメータが設定されているかどうかを確認してください。

ドア
分類1、ドアパラメータ1、建具共通パラメータが設定されている

シャッター
分類1、シャッターパラメータ1、建具共通パラメータ

ここで分類1の値に注目してください。分類1には分類番号としてD001_1、分類名としてドア、それを接続する文字として「:」が格納されています。2-4の手順で説明した分類の設定はここに影響していることがわかります。

このように、BITを使えば、既存のファミリに対して、共通のパラメータを確実に設定できるので、ファミリのプロパティ情報の管理にとても役に立ちます。
新たにファミリをつくるときも、BITで共有パラメータを設定してから始めれば、らくちんですし何より間違うことがありません。ぜひ活用を考えてみてはいかがでしょうか?

2022年7月30日土曜日

土量計算のポイント(2/2)

複数のフェーズ

複数のフェーズにわたって土量計算を行う場合を考えてみましょう。フェーズ1→フェーズ2→フェーズ3の順にだんだん地盤を盛り上げていき、各フェーズでの盛土の量を算定します。

次の図のような地盤1~3を作成します。地盤2と地盤3は全く同じ位置と大きさで、高さのみ異なる10m四方(100㎡)の地盤で高さの差は1mです。

地盤を作成しフェーズを分ける

それぞれの構築フェーズをフェーズ1~3、解体フェーズはすべて「なし」とします。この時の地盤2の土量は次のようになります。

地盤2は土量が計算される
ところが地盤3の土量は計算されません。
地盤3は土量は計算されない

この状態をフェーズと重ね合わせて模式図をつくるとこのようになります。


地盤2を考えてみましょう。地盤2の作成時(フェーズ2)には、それ以前に作成された地盤で存在している地盤は地盤1のみなので、計算対象が確定します。(矢印①)

一方、地盤3は作成時(フェーズ3)時点で、それ以前に作成された地盤で存在している地盤が地盤1(矢印②)と地盤2(矢印③)が存在します。そのため、土量を計算する対象が確定できないので、土量が計算されません。

これを修正するには、各地盤の作成フェーズで、差分を計測する地盤を確定しなければなりません。この場合は、模式図の③の矢印がなくなれば確定します。つまり、地盤1をフェーズ2で解体します。

地盤1をフェーズ2で解体する
地盤1の解体フェーズをフェーズ2に設定すると、地盤3のパラメータは次のようになります。
地盤3は地盤2との差分を計算する

地盤3が作成されるフェーズ3の段階では地盤1も地盤2も存在するので、その最も古いフェーズで作成された地盤1との差を計測しています。

土量を計算するには、比較対象となる地盤を、土量計算をする地盤の作成フェーズで解体することで、対象をひとつだけに確定することが必要です。

それぞれの地盤をフェーズ間でリレーするように設定する

まとめ

土量計算に必要な条件は以下の3点となります。

  1. 土量を計測する地盤は、比較対象となる地盤の範囲内にある。
  2. 土量を計測する地盤の構築フェーズは、比較対象となる地盤よりも新しいフェーズであること。
  3. 比較対象となる地盤は、土量を計測する地盤の構築フェーズで解体されること。

2022年7月23日土曜日

土量計算のポイント(1/2)

地盤の盛土切土プロパティ

地盤を作成して切土・盛土の計算ができることは皆さんご存じだと思います。でもこのプロパティは表示されたりされなかったりします。

土量プロパティが表示される条件は?

どういった条件で土量計算ができるのかを確かめてみましょう。

フェーズと範囲が重要

土量計算を行う条件は次の2点です。

  1. 既存地盤の構築フェーズが計画地盤の構築フェーズの前であること。
  2. 計画地盤は既存地盤の範囲内にあること。

いたってシンプルな条件ですので、実際に地盤を作成して土量計算を行ってみましょう。

手順1 既存地盤の作成

  1. 建築テンプレートで新しいプロジェクトを開始
    1. 建築テンプレートにはあらかじめフェーズが設定されています。このフェーズを利用します。

  2. 平面図:設計GLを開く
  3. ビューのプロパティで
    1. 「ビュー範囲」で下とビューの奥行を無制限に設定
    2. これは見やすくするための処置であり土量計算には必須ではありません。
  4. マス&外構タブ>外構作成パネル>地形で任意の形状の地盤を作成
    1. だいたい30m角ぐらいの地盤を高さ0mで作成します。
    2. プロパティ「名前」を既存地盤に設定
      だいたい30m角ぐらいの地盤を作成し名前を「既存地盤」とする。

手順2 計画地盤の作成

  1. 同じく平面図:設計GLを開く
  2. 計算結果の確認をわかりやすくするために正確に10m角の地盤を作成します。
    1. 注釈タブ>詳細パネル>詳細線分
    2. 長方形ツールを使って、10mの正方形を既存地盤の内側に描画
  3. マス&外構タブ>外構作成パネル>地形
    1. 作成した10m角の正方形の4つの頂点に高さ1mの点を配置
    2. プロパティ「名前」を計画地盤に設定
      計画地盤を高さ1mで作成する


手順3 土量計算

今のままでは既存地盤も計画地盤も構築フェーズが新しい建設なので、土量計算は行われません。計画地盤のフェーズを変更して土量計算をしてみましょう。
  1. 計画地盤(10m角の地盤)を選択し、土量計算のプロパティが表示されないことを確認。
  2. 既存地盤を選択し、構築フェーズを既設に設定
    既存地盤の構築フェーズを「既設」に設定

  3. 計画地盤を選択し、土量関連のプロパティが表示されていることを確認します。
    計画地盤に土量関連プロパティが表示されます。

    1. 10m角の地盤を高さ1mで作成したので、盛り土が100㎥、切土が0㎥となります。
  4. 計画地盤を選択し、サーフェスを編集
    1. 上側の頂点ふたつの高さを-1000とします。
  5. 計画地盤を選択し、土量関連のプロパティを確認します。
    切土盛土が同じ量なので正味切土/盛土は±0に

    1. 計画地盤の半分が既存地盤に埋もれたようになるので、切土と盛土が同じ値となります。
  6. 計画地盤を移動して、一部を既存地盤の外側に出します。
    計画地盤の一部を既存地盤の外に出す。

  7. 計画地盤を選択し、土量関連のプロパティが表示されなくなっていることを確認します。
    土量関連プロパティがなくなった!

  8. UNDOで元の位置に戻します。

まとめ

土量計算のポイントは以下の二つです。
  1. ポイント1:構築フェーズ
    • 比較元となる既存地盤の構築フェーズを計画地盤の構築フェーズより前のフェーズに設定する。
  2. ポイント2:計画地盤の範囲
    • 計画地盤は比較元の既存地盤の内側になければならない。

2022年7月16日土曜日

Civil3D+InfraWorks+Revit+国土地理院(4/4)

Revitのデータを配置する

RevitのデータをInfraworksに乗せるには二つの方法があります。

  • Autodesk 360を使用してクラウドで変換する方法
  • Navisworks Manageを使用してローカルで変換する方法

Infraworks2023での既定値はAutodesk 360を使用する方法ですが、Navisworks ManageがあればAutodesk 360のアカウントがなくてもInfraworksへの読み込みは可能です。

RevitデータをInfraworksに乗せてみよう

Autodesk 360で変換

Revitでの準備

  1. 既定の3Dビュー{3D}を開きます。
  2. Infraworksに表示するときに、不要になる要素やカテゴリ(植栽・地盤・外構・駐車場など)を非表示とします。
    {3D}でInfraworks上で不要な要素を非表示にする

  3. 保存して閉じます。(開いているとInfraworksで読み込むことができません。)

Infraworksに読み込む

  1. 配置する敷地周辺を拡大。
    • 既存の建物がある場合は、選択してDeleteキーで削除する
      既存建物を削除

  2. 管理タブ>コンテンツパネル>データソース
  3. データソースパネル>ファイル データ ソースを追加>Autodesk Revit
    1. 雲のマークのアイコンが表示されていたら、Autodesk360を経由した変換を意味しています。

  4. ファイルを選択して開く。
    1. いくつか警告が表示されますが気にせず[閉じる]で進みます。
  5. データソースパネルの建物フォルダに表示されたアイテムをダブルクリック
    1. 座標系:XY-IFT
    2. 位置の座標系:JGD2011-01
    3. 2Dの中心
    4. 対話的な配置を実行…をクリック
    5. だいたいの位置をダブルクリック
    6. 再びダイアログボックスが表示されるので[閉じて再表示]
      ギズモを使って回転、移動を行う

  6. 配置された要素を選択し、表示されたギズモを使って、回転、移動を行い適切な位置に配置する。
    位置を調整する

Navisworksで変換

Autodesk360のアカウントがない場合は、Navisworks Manageを使用します。

  1. 画面右上の「アプリケーションオプション」をクリック
  2. データ読込をクリック
    1. Navisworksベースのローカル読込にチェックを入れる

  3. OK
読み込む方法は同じです。ファイルデータソースを追加▼>Autodesk Revitのアイコンが次のようになります。

以上の手順でRevitのデータをInfraworksに取り込むことができます。あとはInfraworksの機能で植栽を配置したり、Ctrl+7で日付や時間を変更するなどして、様々なシミュレーションを行うことができるようになります。
日付や時間を変更することも可能


皆さんも、ご自身の計画建物をInfraworksを使って周辺環境と合わせてみてはいかがでしょうか?

2022年7月9日土曜日

Civil3D+InfraWorks+Revit+国土地理院(3/4)

周辺建物データの取り込み

基盤地図情報から周辺建物と鉄道軌道の情報をダウンロードしてInfraworks上に表示してみます。

周辺建物と軌道情報を取り込む

周辺建物と軌道の情報を取得

  1. 基盤地図情報のサイトを開き、基本項目の「ファイル選択へ」をクリック。

  2. 基本項目タブを選択し、全項目のチェックを解除、「建物の外周線」「軌道の中心線」にチェックを入れ、地図上で選択を選ぶ。

  3. 対象となる地域を拡大します。この説明では長崎市周辺を拡大します。
    1. 492906を選択
    2. 市街地はデータ量が多くなるのでひと区画ずつ実行したほうが無難です。
    3. ダウンロードファイル確認へをクリック。
  4. ダウンロードボタンを押してファイルをダウンロードします。
    ダウンロードボタンでファイルをダウンロード

シェープファイルに変換

ダウンロードしたファイルを基盤地図情報ビューアでシェープファイルに変換します。
  1. 基盤地図情報ビューアを起動
  2. 新規作成をクリック
    1. すべて解除をいったんクリック
    2. 追加を押して、ダウンロードしたZIPファイルを選択。
    3. プロジェクトのタイトルと保存先を指定
    4. OK

  3. エクスポート>エクスポート
    1. 変換種別を「シェープファイル」
    2. 変換する要素として「建築物」と「軌道の中心線」に☑
    3. 全データ領域を出力
    4. 出力先フォルダを指定
    5. OK

  4. 出力が終わると次のようなダイアログボックスが表示されますのでOKをクリック。
    変換終了を示すダイアログボックスが表示される

周辺建物をInfraworksに取り込む

シェープファイルをInfraworksに取り込みます。
  1. 管理タブ>コンテンツパネル>データソース
  2. データソースパネル>ファイルデータソースを追加▼>SHP
    SHPとはシェープファイルのこと

  3. ○○-建築物.shpを選択し、よみこまれた項目を右クリック>設定

    1. タイプの▼から「建物」を選択。
    2. 共通タブで、スタイルの基本カラーと屋根マテリアルがrandomFacadeColor、randomRoofColorであることを確認。
    3. 屋根の高さに10m(変更してもOK)
    4. 閉じて再表示
    5. 建物がランダムな色で取り込まれました。

鉄道軌道をInfraworksに取り込む

  1. データソースパネル>ファイルデータソースを追加▼>SHP
  2. ○○-軌道の中心線.shpを指定
  3. 取り込んだ項目(フィーチャといいます)をダブルクリック

    1. タイプを鉄道
    2. スタイルの鉛筆アイコンをクリックし、Railwayを選択
    3. 閉じて再表示
軌道を確認してください。

建物高さの調整

建物は一律で10mで取り込まれています。高さは個別に調整することが可能です。

  1. 任意の周辺建物を選択してハンドルを表示
    建物を選択してハンドルを表示

  2. 上向きの水色の矢印を選択(赤くなります)
    1. ドラッグするか
    2. 高さを入力します。

  3. 建物パネルに表示されるルールスタイルから任意のファサードを選択することもできます。
    ファサードスタイルも指定できる

次回はいよいよRevitのデータを取り込みます。