2016年3月26日土曜日

スタートアップ画面の履歴を消去する

スタートアップ画面

Revitを起動すると、下の図のようなスタートアップ画面が表示されます。
スタートアップ画面
これはこれで便利なのですが、プレゼンなどでお客さんに画面を見せる場合は、関係のない他のプロジェクトは非表示にしておきたいと思うこともあるでしょう。今回はこの履歴をクリアする方法をご紹介します。

Revit.ini

この履歴はRevit.iniというファイルに保存されています。保存先は

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Autodesk\Revit\Autodesk Revit 2016

のフォルダ内にあります。このファイルをメモ帳で開いて、[Recent File List]を探します。そこに次の図のように、いくつかのファイルパスが列記されています。
[Recent File List]セクション
このFile1・・・・・のすべての行を思い切って削除します。
[Recent File List]のセクションを空にする
これで保存して、Revitを再度起動してみます。
Revit,ini編集後のRevit
これでスタートアップ画面が初期化されました。

スタートアップそのものを表示しない


履歴は残しておきたいが、スタートアップ画面そのものを表示したくない場合もあるでしょう。その場合はもっと簡単で、スタートアップ画面が開いた状態で

[表示]-[ユーザーインターフェイス]-[最近使用したファイル]

のチェックを外します。
最近使用したファイルのチェックを外す
これで、スタートアップ画面が表示されなくなります。
スッキリした初期画面

0 件のコメント:

コメントを投稿