2019年11月30日土曜日

階段練習帳(1)

標準的な階段


Revit標準添付の建築テンプレートで階段を作る練習をしてみましょう。標準的な階段、踊り場に段がある階段、螺旋階段など順番に練習します。
まずは基本の階段から

すぐにクリックしてはいけない

階段を作成する場合、コマンドに入ってすぐに画面をクリックしてはいけません。入念に準備してから作成を始めましょう。

  1. 建築テンプレートで新規プロジェクトを作成。
  2. [建築]タブ>[階段]パネル>[階段]
  3. プロパティウィンドゥの拘束セクションで次の操作をします。
    • タイプセレクタから鉄骨階段:鉄骨を選択。
    • 基準レベル:レベル1
    • 基準レベルオフセット:0
    • 上部レベル:レベル2
    • 上部レベルオフセット:0
    • 階段全高を確認する。階高をチェックすることが階段作成の第1です。
      まずは階段をどこに作成するのかを決めます
  4. プロパティウィンドゥの寸法セクションで次の操作をします。
    • 蹴上数:18→20
    • 現在の蹴上寸法が変化することを確認
    • 現在の踏面奥行:250
    • 蹴上と踏面のサイズを確認することが第2です。
      次に蹴上と踏面を決めます。
  5. オプションバーで次の操作をします。
    • 配置基準線:経路:右
    • オフセット:0
    • 実際の経路幅:1250
    • 経路とは階段のことです。経路の寸法を決めることが第3です。
      次に階段幅を決めます。
  6. [修正|階段]タブ>[ツール]パネル>[手すり]をクリックして次の操作をします。
    • ドロップダウンリストから「なし」を選択します。
    • 手すりを同時に作ることもできますが、手すりは後から作成したほうが納得のいく手すりができます。階段作成時は「なし」がおすすめです。
      手すりはなしにしましょう。
  7. いよいよ作成を始めます。画面をクリックし、上方にマウスを移動し「10蹴上が作成されました。10継続中」と出たらクリック。
    • このとき、配置基準線を経路:右としたために階段経路の右側をスケッチしていることに注目してください。
    • 屋内階段などの場合は、壁面に沿って作るのであれば選択していることに
      いよいよ作成開始
  8. マウスをやや右に移動してクリックし、下側に移動しすべての階段を描き切る。
    階段を描き切る
  9. 最後に作成した経路を選択
  10. [修正]パネル>[移動]で、階段1段分下方へ移動する。
    上側の経路を下へ1段分「移動」します。
  11. 今度は両側の階段経路を、下方へ100mm移動します。
    両方の階段を下へ100mm移動
  12. 上側の階段を選択し、表示された仮寸法を「=1250*2+200」と入力して、階段経路と経路の間を200mmに設定する。
    階段経路と経路の間隔を設定する。
  13. [モード]パネルの✔をクリックして終了。
基本的な階段の作成方法は以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿