2020年6月28日日曜日

配列複写を含むファミリ

配列複写をパラメータ化する

たとえばグレーチングのように、長さに応じてフォームの数が変わるようなファミリを作ってみます。
長さが変わっても一定ピッチで割り付けるファミリ
キーとなるのは配列複製です。

作り方

外枠

どのカテゴリでも構わないのですが、今回は造作工事カテゴリとして作成してみます。まずは外枠を組み立てます。以下のように参照面と寸法・ラベルを作成して、フォームを作成してください。今回の主題ではないのでこの辺りは省略させていただきます。
平面:押し出しで外枠を作成

正面

{3D}

ネストファミリの作成とロード

配列複製する要素はできればその部分だけをファミリにして、外枠のファミリにネストして作ることをお勧めします。こちらも詳細は省略しますが、次の図のような立方体のファミリを作成し、上記の枠のファミリにロードします。

そして、幅を厚さ、奥行を奥行、高さを高さに関連付けます。
パラメータを関連付け

パラメータの準備

配列複写を行うためにまずパラメータを用意します。
間隔は芯-芯の距離です。
  1. 作成タブ>プロパティパネル>ファミリタイプ
  2. 新しいパラメータボタンを押して、パラメータを追加します。いずれもタイプパラメータとします。
    • 本数:整数
    • 間隔数:整数
    • 間隔:長さ
      パラメータを追加
  3. 次の図のようになります。
    順不同です。自由に並べ替えてください。

  4. もう一度新規作成ボタンをおして、「希望ピッチ」という長さのパラメータを追加し値を100とします。
    希望ピッチ=100

  5. 次に各パラメータの「式」に式を設定します。
    • 本数:間隔数-1
    • 間隔数:(幅 + 厚さ) / 希望ピッチ
    • 間隔:(幅 + 厚さ) / 間隔数

配列複製

次に参照面とフォームを作成して、パラメータを割り当てます。
  1. 右側の枠の中心に参照面を配置し、寸法を使って均等にロックします。
    枠の中心に参照面を作成
  2. 適当に参照面を1本作製し、1で作成した参照面との間に寸法を作成、「間隔」を割り当てます。
  3. ロードしたネストファミリを配置し、2の参照面と、水平の中央の参照面にロックします。
    ネストファミリを配置して参照面にロック
  4. 配置したネストファミリと、1で作成した参照面を選択して、修正パネル>配列複製
    • このとき参照面も一緒に配列複製することが重要です。
  5. 適当に2点をクリックして、複製を作成
    参照面との間に寸法を作成し、パラメータ「間隔」を割り当て
  6. 複製された参照面との間に寸法を作成して「間隔」パラメータを割り当て
  7. 複製されたフォームを選択すると、わかりにくいが青い字で「2」という数字が表示される。この時表示される寸法線(下線)を選択する。
  8. オプションバーで「本数」を選択
    オプションバーでパラメータを選択
  9. 下の図のようになります。

幅や希望ピッチの値を変更して破綻がないかどうか入念にチェックしてください。
例:幅2000 奥行400 希望ピッチ100
例:幅1000 奥行1000 希望ピッチ50

注意

配列複製する対象はこの例のようにネストして作成することをお勧めします。フォームを直接配列複製してももちろんかまわないのですが、コントロールが難しいのと、なによりパフォーマンスがかなり低下します。

0 件のコメント:

コメントを投稿