2020年10月24日土曜日

AUガイド(1)

 AUのお知らせ

Autodesk Universityが11月17日~20日、デジタルで開催されます。今回は鉄骨タブのお話をお休みして、参加方法やクラスの視聴方法についてご案内します。

例年ならばラスベガスまで行く必要がありますが、今年はオンライン開催ですので、世界に触れる絶好のチャンスです。特に英語のセッションは明日からにも役立つ実用的なセッションが満載です。ぜひ参加して視聴されることをお勧めします。

まず参加登録

こちらをクリックして「今すぐ登録」をクリックします。

「今すぐ登録」をクリック
必要事項を記入して登録します。AutodeskIDがある場合は、右上の「サインイン」をクリックして、サインインしてから登録するとスムースです。

すると以下のような画面になります。

登録完了画面

アジェンダ

タイトルバナー下部に4つのメニュー(上図赤枠)があります。まず「Agenda」をクリックします。どうもこのあたりのリンクが一定していないので混乱してしまうのですが、英語画面になった場合は右上のメニューから

①Sign Inでもう一度AutodeskIDでログイン

②日本語を選択

これで安定します。

日本語を選択

ここで、もう一度「アジェンダ」をクリックします。ここで注目するのは朝9時から行われるジェネラルセッションとその他のキーノートスピーチです。

ジェネラルセッションとキーノートに注目

毎年ジェネラルセッションとキーノートスピーチはかなり大掛かりで、Autodeskの将来のビジョンや開発の状況などが事例を交えて詳細に説明されます。かなりのエンタメに仕上がっているので、今年はどうなるか非常に楽しみです。

au general session で検索すると様々な画像や動画が見つかります。ぜひ探ってみてください。これを動画でどのように表現するのか。非常に楽しみです。

セッション

セッションをクリックすると、クラスの一覧が表示されます。これらの中から好きな動画を視聴できる、という仕組みです。検索の仕方ですが、製品、トピック、言語と分野から選択すると分かりやすいと思います。

Product:Revit

Topic:Building Information Modeling (BIM)

Language:Japanese

Industry:Architecture, Engineering and Construction


これで13のセッションが表示されます。

私も次の三つのセッションを持っています。

Revit Peeler Offline ~ 手摺ビギナーズ
手摺の基本を徹底解説

手摺の基本中の基本を徹底的に解説する、初心者向けのクラスです。手摺の機能がどのようなコンセプトに基づいて設計されているかを説明し、複雑怪奇な手摺タイプダイアログボックスを攻略します。動画だけでなくハンズアウト(手元資料)も頑張って作りこんでみましたのでぜひご覧ください。
手摺の謎に迫ります

Revit Peeler Offline ~ 手摺マニアック
パネル型の手すり、補助手摺、支持を掘り下げます

より複雑な手摺の作成方法について、ステップバイステップで解説します。特にパネル型の手すりの基本と、パネル型手摺を階段に適用する方法、補助手摺や支持の使い方についてファミリの作り方から説明します。こちらもハンズアウト(手元資料)にも力を入れています。また解説に使用したRevitデータもダウンロードできるようにしていますので、ぜひご視聴ください。
このような手摺の作り方をファミリの作成方法から解説

⽶⼦発「Revit」+アドオン「BooT.one」を使⽤したBIM建築設計の効率化
美保テクノスさんとの共同セッション

鳥取県米子市の従業員数約200人のゼネコン「美保テクノス」さんのセッションです。私は美保さんにコンサルのご用命をいただいています。その成果について、具体的に数字を挙げて説明してくださっています。どうやってBIMを会社の力として生かしているのか、社内での運用方法、推進体制について詳細に解説していただけます。たいへん参考になりますのでぜひご視聴ください。

次回は英語版から選りすぐりのセッションをご紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿