2020年11月29日日曜日

鉄骨タブ(5)

ボルト作成時のエラー

次の図のようにパラメータを設定して、H型鋼の構造フレームファミリを作成してみました。

構造フレームファミリを作ってみた
このファミリをプロジェクトに配置し、前回の手順でプレートを作成しボルトで接合しようとしたところ、次のような警告が表示されました。
「接続されている要素の[標準]詳細レベルの形状に丸めが含まれています」
このエラーを回避する方法は二つあります。

断面形状からフィレット円弧を取り除く方法

警告の内容に従って、構造フレームの詳細レベルが標準の時の断面の形状からコーナーのフィレット円弧を取り除くと、エラーを回避できます。

標準ではコーナーの丸め(フィレット円弧)を取り除く
コーナーの丸めを取り除くのは「標準」のときだけでよく、「詳細」においてはコーナーの丸めをつけておいても問題ありません。
詳細モードではコーナーの丸めがついていても問題ありません。

断面形状を定義する方法

もう一つはファミリの「断面形状」を定義する方法です。断面形状パラメータは構造フレームと構造柱カテゴリのファミリに割り当てることができます。詳細はヘルプをご覧いただくとして、割り当て方を説明します。

  1. ファミリを開き、ファミリのパラメータ「断面形状」の[...]をクリック。
    断面形状パラメータ
  2. 適切な形状(ここではH型鋼)を選択しOK。
    断面形状を設定

  3. この指定により、いくつかのパラメータが追加されていることを確認します。これらのパラメータは「構造断面ジオメトリ」「構造解析」「寸法」に追加されます。
    断面形状を設定することによって追加されたパラメータ

  4. これらのうち、鉄骨加工に重要なパラメータは「構造断面ジオメトリ」のパラメータで、これらがどの値を示すかは、パラメータ名をマウスオーバーしてしばらく待つと図示されます。

  5. これに従って再度、パラメータをつけなおしてみます。
    構造断面ジオメトリのパラメータを設定


  6. 図心 水平方向と図心 垂直方向はそれぞれ式に「0.5 * 幅」「0.5 * 高さ」と設定します。
    構造断面ジオメトリ

  7. 単位をmmにしたい場合は、管理タブ>設定パネル>プロジェクトで使う単位で、構造>断面プロパティで単位をミリメートルに変更します。
    断面プロパティの単位を変更する

断面形状プロパティを設定すれば、形状を変更しなくても、ボルトを作成することができます。
断面形状プロパティの設定によりボルトの加工が可能になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿