2020年12月6日日曜日

鉄骨タブ(6)~モディファイヤ

 モディファイヤ

モディファイヤとは修飾子、つまり加工用のファミリのことです。鉄骨ファミリを様々な形状に切り欠きます。パラメトリックの切断パネルの様々なツールは、このモディファイヤを組み合わせて作成されています。

隅切

使用方法は作成したプレートのコーナーをクリックするだけです。タイプ(形状)が「直線」「凸型」「凹型」の3種類あり、インスタンスプロパティで変更できます。

直線

凸型

凹型

屈曲した切り欠き

鉄骨の構造フレームまたは構造柱の端部に取り付いて、鉄骨を切り欠く「ボイド要素」です。コマンドをクリックし、鉄骨の構造フレームの端部をクリックすると、L型に折れ曲がった2枚の透明の板状の要素が表示されます。
屈曲した切り欠きモディファイヤ

この2枚の板は見た目と異なり、L型の無限の平面であると考えてください。無限といっても、平面が交差している側は有限なので一方向に無限ということになります。

軸からの距離

垂直の位置は「軸からの距離」パラメータで制御できます。構造フレームの場合、軸とは
選択したときに表示される始点と終点を結ぶ線ですが、構造フレームの「z位置合わせ」により、切り欠く位置は異なりますので注意してください。次の図のモディファイヤの「軸からの距離」はすべて0ですが、構造フレームのz位置合わせの値により軸の位置が異なるため、それぞれ切り欠く位置が変わります。
構造フレームの「Z位置合わせ」で結果は異なる

カットバック

構造フレームの場合、カットバックは始点終点からの距離を意味します。視点から100mmの位置で切り欠きたければ、素直に100と入力します。

カットバックと軸からの距離


半径

モディファイヤのコーナーの半径を設定します。下の図は半径の値を20に設定したところです。
半径の効果

ポーリング工法

ポーリング工法にチェックを入れると、半径で指定した値でコーナーに切り欠きが作成されます。
ポーリング工法

傾斜角

傾斜角はモディファイヤの傾きを定義します。次の図は傾斜角を45度に設定した状態です。
傾斜角=45°の場合


構造フレームのZ位置合わせ=0、軸からの距離=0として、回転角度を45度に設定した状態です。

構造フレームのプロパティの変化に注意

端部にモディファイヤを追加すると、構造フレームのプロパティ
  • 始端延長
  • 終端延長
  • 始端の接合部カットバック
  • 終端の接合部カットバック
は無効になります。次の図は始端にモディファイヤを追加する前と後の状態です。
構造フレームのジオメトリの位置プロパティの変化に注目
端部の処理は、モディファイヤを追加した場合は、モディファイヤでおこなうことになります。




1 件のコメント:

  1. 髙取様
    大した問題ではないですが、隅切り凹型の部分の写真が凸型の写真と間違っております。
    一応ご報告まで

    返信削除