2019年10月20日日曜日

ワークセット(3)

ワークセットの確認

前回は要素をワークセットに分類しました。要素がどのワークセットに属しているかを視覚的に表示する方法があります。
  1. ビューコントロールバーの[ワークシェアリング表示]>[ワークセット]
  2. 要素が色分けされて表示される。
    ワークセットごとに色分けされる
  3. ビューコントロールバーの[ワークシェアリング表示]>[ワークシェアリングの表示と設定]でワークセットタブを選択し色を確認する。
この表示を使用すれば、要素を明示的にワークセットに振り分けることができます。

閉じる(Revit)≒保管(AutoCAD)

ワークセットを閉じると、ビューごとの非表示とは異なり、プロジェクト全体でそのワークセットに属する要素は「ないもの」として扱われるため、作業のパフォーマンスが向上します。これはAutoCADのレイヤの非表示と保管の関係に似ています。

ワークセットを閉じるには

例えば、下の図では

  1. [コラボレート]タブ>[コラボレーションを管理]パネル>[ワークセット]でワークセットダイアログボックスを表示します。
  2. 開いた状態の列を「いいえ」にするとワークセットを閉じることができます。
    ワークセットを閉じる
要素がすべてのビューで表示されなくなります。
ワークセットを閉じるとパフォーマンスが向上する

最初から開かない

そもそも最初から必要なワークセットだけを開いて作業をするということもできます。
  1. [ファイル]タブ>[開く]>[プロジェクト]で目的のローカルファイルまたは中央ファイルを選択し、[開く▼]を選択。
    指定を選択
  2. 指定を選択して[開く]を選択すると下の図のダイアログボックスが表示される
  3. 必要なワークセットを選択し[開く]をクリック(閉じたいワークセットは[閉じる])
    ワークセットを開く
OK。(開くスピードも向上します。)
開くのも早い
[コラボレート]タブ>[コラボレーションを管理]パネル>[ワークセット]でワークセットダイアログボックスを表示し・・・・
開いた状態列をはいにすると
後から追加で開くこともできます。
追加で開く

図面出力時に注意

ワークセットを閉じると、プロジェクトそのものに要素がロードされないため、図面にも要素が表示されません。
図面が?な状態に
図面を出力するときは、すべてのワークセットを開いた状態にすることに注意してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿