2019年12月15日日曜日

階段練習帳(3)~螺旋階段

螺旋階段の踏面奥行は経路の中心

螺旋階段の踏面奥行は経路の中心の直線距離
螺旋階段の踏面の奥行は「狭いほうから30cm」の位置で計測しますが、Revitの螺旋階段の場合、踏面の奥行は階段経路の中心で計測します。
今回は次のような螺旋階段のモデリングを考えてみます。

  • 90度あたり4つの踏み面をもつ
  • 踏み面は狭いほうから300mmのところで、210mm確保する。
  • 経路幅は900mm
まずは詳細線分を用いて、踏面奥行や経路の位置などを考えてみます。

必要寸法の確認

まずは一辺が210mmの16角形を詳細線分で作図してみましょう。Revitの詳細線分作図機能では辺の長さを指定して多角形を作ることができないので、ひと工夫必要です。

  1. 建築テンプレートで新しいプロジェクトを開始
  2. 注釈>詳細>詳細線分
  3. 描画>内接するポリゴン
  4. オプションバーの側面の値を16にして、半径500mm程度で16角形を作成
    詳細線分で16角形を作成
  5. 作成した16角形を選択し、修正|線分>修正>スケール
  6. 任意の頂点をクリック→隣の頂点をクリック、キーボードから210と入力しENTER
    スケールコマンドで一片の長さを210mmに
210mmになった一辺の位置が「階段の狭いほうから30cm」になれば、要件を満たすことになります。
階段の幅900mmなので、外側に150mmオフセットすれば階段経路の中心になります。
  1. 修正>修正>オフセット
  2. オプションバーのオフセットの値を150として、任意の線を外側に150mmオフセットする。
  3. 中心と辺の端点を結んで下の図のような作図をする。
    外側に150mmオフセットして中心と結ぶ

この長さをプロパティでみてみると、「269.7mm」となっています。値を丸めて、階段の中心で270mmあれば、要件を満たすことになります。
いったんオフセットした線を削除して、下の図のように作図してみます。
矢印の位置が階段の中心になる

螺旋階段のモデル

これをした絵にして螺旋階段を作成してみます。
  1. 建築>階段>階段
  2. プロパティウィンドウで鉄骨階段:鉄鋼を選択し、タイプを編集
  3. 複製して名前を螺旋階段とする
  4. 最小階段経路幅を900に変更
  5. OK
  6. プロパティウィンドウで以下を設定する
    1. 蹴上数:20
    2. 現在の踏面奥行:270
      踏み面の奥行を270にする
  7. コンポーネント>フルステップ螺旋
    フルステップ螺旋
  8. オプションバーで
    1. 配置基準:経路中心
    2. オフセット:0
    3. 実際の経路幅:900
      オプションバーの設定
  9. ①中心→②階段の中心(作図した赤の↑の点)をクリック。
    ①→②の順にクリック
  10. モード>✔(終了)
これで要件を満たす螺旋階段が作成できました。
要件を満たした螺旋階段

0 件のコメント:

コメントを投稿