2017年1月7日土曜日

建具リストチュートリアル(5)~3Dビューで姿図をつくる

建具姿図を3Dで作成


今回は次の図のように、建具姿図を3Dビューで作成してみます。
3Dビューに寸法とドアタグを追加する

作業ファイルをここからダウンロードしてください。

3Dビューの作成


(1) 「建具キープラン 1階」を開き、右上の階段室付近を拡大する。
(2) カーテンウォールを選択し、[表示]パネルの[選択ボックス]をクリック。
カーテンウォールを選択して「選択ボックス」
(3) ビューの名前を{3D}から「建具姿図 StD-1」に変更。
(4) ビュースケールを1:100、詳細レベルを「簡略」、ビューをトリミング、トリミング領域を表示をいずれもオンにする。
ビューの設定
(5) [表示]タブの[グラフィックス]パネル、[表示/グラフィックスの上書き]を選択し、

  • カーテンパネル
  • カーテンマリオン
  • ドア

     をのぞいて、すべて非表示にする。
カーテンパネル、カーテンマリオン、ドア、壁をのぞいて非表示
(6) 不要な壁とドアを選択し、右クリックしてビューで非表示にします。
不要な壁とドアをビューで非表示
(7) ビューをロックします。
ビューをロック
(8) グラフィック表示オプションで、陰線処理を選択し、環境光シャドウをOFFにする。
陰線処理、環境光シャドウをOFF

寸法の作成

次に、寸法を作成します。寸法を3D空間のどの作業面に作成するのか事前に設定してから、寸法を作成します。

(1) [建築]タブの[作業面]パネルの[作業面]
(2) 1FLが作業面であることを確認してOK。
作業面1FLに寸法を作成します。
(3) [注釈]タブの[寸法]パネル、[平行寸法]
(4) 図のように寸法を作成する。
作業面1FLに寸法を追加
(5) [建築]タブの[作業面]パネルの[作業面]で、[面を選択]しOK。
(6) カーテンウォールの端部の面を作業面に指定する。
作業面を変更
(7) 下の図のように寸法を作成する。
垂直寸法を追加

(8) [注釈]タブの[タグ]パネル、[カテゴリ別にタグをつける]で、ドアタグを配置
ドアタグを配置
(9) A-09 建具リスト のシートを開いて、この3Dビューを配置する。
シートに配置
作業面を指定することで、好きな位置に寸法を追加することができます。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    いつも大変参考にさせていただいてます。
    REVITの作業に慣れていないので、どこにどうリンクされているのか
    迷子の毎日です。

    ちょっと質問なんですが、このSTD-1が取り付く壁が躯体だったとして、欠込などは別途躯体窓開口を用意したほうがいいのでしょうか?
    2D施工図ですと欠込やインサートの位置を部分作図しますが、何から何まで追従させないほうがいいのでしょうか?

    すいません。とりとめのない質問で。

    返信削除
    返信
    1. このSTD-1は「カーテンウォール」で作成されているため、壁に対しての開口は複雑な形状は作成できません。ドアや窓のカテゴリでファミリを作成すれば、自由な形状で開口を作成することができます。

      削除