2018年9月8日土曜日

帖・坪表示と集計表の桁処理

帖数を表示するタグ

前回は面積を小数点以下第3位で切り捨てて表示するタグを作成しました。
面積を小数点以下第3位で切り捨てて表示するタグ
今度は帖数を部屋タグに表示してみます。前回同様小数点以下第3位で切り捨てて表示します。帖は各種係数はありますが、今回は1帖=1.62㎡として
1帖=面積(㎡)÷1.62
の計算式をタグに組み込みます。「帖」という単位はRevitには組み込まれていないので、タイプは「実数」を使用します。

作成手順

  1. 前回のタグを使用し、部屋面積の下に新たにラベルを作成します。
  2. 計算値ダイアログで以下の設定をします。
    • 名前:帖
    • 専門分野:共通
    • タイプ:実数
    • 計算式:rounddown((面積 / 1.62 / 1 m²) * 100) / 100
    • OK
      計算値ダイアログボックス
  3. ラベルを編集ダイアログのラベルパラメータの第1行で
    • 接頭表記:(
    • サンプル値:60.60
    • 末尾表記:帖)
      接頭表記:サンプル値:末尾表記
  4. [#]パラメータの単位書式を設定をクリックし
    • 既定の設定を使う:OFF
    • 単位:固定
    • 丸め:小数点以下の桁数 2
    • OK
      形式
  5. 保存する。
    完成した部屋タグ
プロジェクトにロードして試してみます。
小数点以下第3位で切り捨てて表示されている
この部屋の面積は実測で26.242㎡ですから帖数は
26.242(㎡)÷1.62=16.1987654(帖)
となります。部屋タグでは小数点以下第3位で切り捨てて「16.19帖」と表示されていることがわかります。

坪の場合も全く同じです。坪は
面積(㎡)×0.3025=坪
と考えて計算式は
rounddown((面積*0.3025/1)*100)/100
となります。

集計表で桁処理

ずいぶん前に集計表で面積のけた処理をする手法をご紹介しましたが、ちょっと復習しておきましょう。けた処理フィールドの計算式は

小数点以下第n位を切り捨てる場合
rounddown((面積/1)*10^(n-1))*1/ 10^(n-1)

となります。10^(n-1)は「10のn-1乗」という意味です。この式を使って集計表を作成すると次のようになります。
小数点以下第3位切り捨て
集計表の男子便所、女子便所などの面積に着目すると、部屋面積は小数点以下第3位が切り捨てられていることがわかります。
計算式は
部屋面積:rounddown((面積/1)*100)*1/100
帖   :rounddown((面積/1.62/1)*100)/100

となります。



0 件のコメント:

コメントを投稿