2018年10月27日土曜日

全角・半角・イライラ

全角半角問題を克服する

今週、あるユーザーの方々と話していたら、ショートカットのことが話題となりました。ショートカットは便利だが、IMEが全角入力モードだとRevitがショートカットを受け付けないばかりか、何度ESCを押しても、反応しなくてイライラする、という話がありました。
なるほど、実際かなりイラつきますが、これを克服する、とうか「かわす」方法がありますのでご紹介します。
全角モードにゃ気を付けろ!

キーボードショートカットは全角でも登録できる

キーボードショートカットは、[KS]または[ファイル]>[オプション]>[ユーザーインターフェイス]のキーボードショートカットの[カスタマイズ]で設定できます。このショートカットの特徴は

  • 最大5文字までの英数字キー
  • [Ctrl]、[Shift]、および[Alt]と 1 つの英数字キー
  • [Alt]が含まれる場合は、[Ctrl]または[Shift](あるいはその両方)も含める必要がある。
が条件ですが、実は、「全角で登録可能」ということは意外とご存じない方も多いのではないでしょうか。英数字は5文字までですがこちらは制限はなさそうです。

登録してみる

ですから、たとえば位置合わせは標準ではALですかが、全角で「位置」も登録してみます。
全角漢字でショートカットを登録
そしてプロジェクトで、[半角/全角]キーをおして、IMEを全角モード(あ)にします。そしてキーボードから「ichiawase」と入力し[スペースバー]で変換し、[ENTER]で確定します。

すると位置合わせコマンドが起動します。こんな調子でALだけではなく、「AL」(全角)も登録しておけば、多少イライラも解消するかもしれません。

ESCの連打は意味がない?

間違って全角で英数字ショートカットを打ってRevitが何も反応しないとき、よくやるのが「ESCキーの連打」ですが、手順を間違えると実は何の効果もありません
状況を再現してみましょう。

間違った対処方法

  1. IMEを全角モードにし、Revitのビューをアクティブにし、いったん何らかの要素を選択して、ESCで選択を解除。
  2. [K]キー[S]キーと連続で打ちます。しかし何も変化がありません。
  3. ここで[ESC]を連打します。
  4. [半角/全角]を押して、半角英数字モードに切り変えます。
  5. もう一度[K][S]を打ちます。何も変化がありません。。
これがいつもの「効かないショートカット」の実態です。このときなにが起こっているかというと、5の段階で、IMEに2で入力した[K]と[S]が変換待ちで残ったままになっているのです。ですからこの変換待ちの[K]と[S]をクリアしないと、Revitは次のキー入力を受け付けてくれないのです。

正しい対処方法


  1. IMEを全角モードにし、Revitのビューをアクティブにし、いったん何らかの要素を選択して、ESCで選択を解除。
  2. [K]キー[S]キーと連続で打ちます。しかし何も変化がありません。
  3. [半角/全角]を押して、半角英数字モードに切り変えます。
  4. ここで[ESC]を1度だけ打ちます。(連打してもいいです。)
  5. [K][S]と打ちます。キーボードショートカットのダイアログが開きます。
4のステップで入力待ちの文字がクリアされます。[半角/全角]→[ESC]の順番です。

格言:ESCはモードを変えてから!

 

強制的に半角にしてENTERする方法

2の段階では[K][S]が変換前の状態でIMEにのこっているので、これを半角に変換して確定すればRevitはコマンドを受け付けてくれます。
  1. IMEを全角モードにし、Revitのビューをアクティブにし、いったん何らかの要素を選択して、ESCで選択を解除。
  2. [K]キー[S]キーと連続で打ちます。しかし何も変化がありません。
  3. [F9][F8]を連続でを押して、[ENTER]
    • キーボードショートカットのダイアログが開きます。
    • モードが全角のままであることを確認します。
この方法が最終的には一番手数が少ないのではないかと思います。

Fnキーはモードに左右されない

英数字キーはどうしてもIMEの変換モードから逃れることができません。一方、キーボードの上部に並ぶファンクションキーは変換モードに左右されません。
  • Fn
  • CTRL + Fn
  • SHIFT + Fn
  • CTRL + SHIFT + Fn
が登録できます。Fn単体だと、システムで予約済みのものが多いのですが、CTRLやSHIFTと組み合わせることでかなり多くのショートカットを登録することができます。

一番大事なことは右下のIMEのモードには常に気を付けていることです。おかしいな?と思ったら、タスクバーの[あ]と[A]と[A]によく気を付けてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿