2018年11月25日日曜日

リンク(1)

リンクの扱い基礎

プロジェクトの一部をリンクファイルで作成する場合のリンクの取り扱いにつついておさらいしておきます。

プロパティを集計表に表示する

リンクインスタンスに含まれる建具などのプロパティを集計表に表示したい場合、集計表の[フィールド]タブの「リンクにある要素を含める」にチェックを入れます。
リンクにある要素を含めるに✔
こうすることで、ホストプロジェクトと同じようにパラメータを扱うことができます。たとえばドアのカテゴリであれば、使用可能なフィールドに「部屋から」「部屋へ」を選択できます。
リンクインスタンスの部屋も取得可能
そして、リンクインスタンスにある部屋の情報を取得することができます。
ホストと同様にプロパティを取得できます。
この「リンクにある要素を含める」の機能は、「カラースキーム」にもあります。
[建築]タブ>[部屋/エリア▼]>[カラースキーム]
カラースキームも「リンクにある要素を含める」に✔
このダイアログにある「リンクにある要素を含める」びチェックを入れると、リンクインスタンスにある部屋のプロパティを利用した色塗りが可能です。
リンクにある部屋をカラースキームで色塗り

リンクインスタンスに名前を付けよう

リンクインスタンスの見栄えはまずホストのオブジェクトスタイルに従って表示され、次に各ビューの表示・グラフィックスの設定に従います。リンクを作成したのち、平面図ビューなどで[表示]>[表示/グラフィックス]をクリックし、[リンク]タブを選択すると下の図のようになります。
ここになぜ[1]という名前の行があるかというと、これはリンクインスタンスの名前なのです。平面図などでリンクインスタンスを選択してみると名前のプロパティが「1」になっています。
リンクインスタンスに名前を付けよう!
これを適切な名前に変更することをお勧めします。
リンクインスタンスに名前を付けよう!
リンクインスタンスはコピーできるので、同じプロジェクトで複数リンクインスタンスを作成した場合はそれぞれに名前を付けて、表示をコントロールできます。
複数のリンクインスタンスをそれぞれ表示コントロール可能

インスタンスごとに集計

さらにこのインスタンスの名前は集計表にもプロパティとして表示できます。
集計表の[フィールド]タブで[RVTリンク]を選択すると、[使用可能なフィールドを選択]に「RVTリンク:名前」が現れます。これが先ほど指定したリンクインスタンスの名前です。
リンクインスタンスの名前を追加する
これで、どのドアがどのリンクインスタンスに含まれているかを表示することができます。
リンクインスタンスの名前も集計表のフィールドとなる

0 件のコメント:

コメントを投稿