2019年5月19日日曜日

ルーバー カーテンシステム

カーテンウォールか手摺で

屋上設備や外部階段などの「目隠壁」を作成するには

  • カーテンウォール
  • 手摺
  • ダイナモ+アダプティブコンポーネント

などの方法がありますが、それぞれ使い勝手に特徴がありますが、まずば作ってみましょう。

カーテンウォールで作ってみる

プロファイルファミリの作成

カーテンウォールで目隠しルーバーを作成する場合はルーバーのプロファイルが必要です。ファミリテンプレートプロファイル - マリオン(メートル単位).rftを使って、ルーバーの形状をスケッチします。外側が画面の下側、右が上になります。
ルーバーの形状をスケッチ
これを「プロファイル_マリオン_三角」と名前をつけてプロジェクトにロードします。

マリオンタイプの作成

プロジェクトで作成したプロファイルを使ってマリオンを作成します。

  1. プロジェクトブラウザで、[ファミリ]>[カーテンマリオン]>[長方形のマリオン]のノードの一つを右クリックして[複製]
  2. 名前を水平ルーバーとして、ダブルクリックしてタイププロパティ編集ダイアログを開く。
  3. プロファイルにロードした「プロファイル_マリオン_三角 」を選択、適切なマテリアルを選択してOK。

カーテンウォールのタイプを作成

次にこのマリオンを利用したカーテンウォールのタイプを作成します。

  1. プロジェクトブラウザで、[ファミリ]>[壁]>[カーテンウォール]で[カーテンウォール]を右クリックして[複製]、名前を水平ルーバーとする。
  2. ダブルクリックしてタイププロパティダイアログボックスを開いて、次の設定をする。
    • カーテンパネルを「システムパネル:なし
    • 水平グリッドのレイアウトを「固定間隔
    • 間隔を120
    • 水平マリオンの3つのタイプを「長方形マリオン:水平ルーバー
      カーテンウォールのタイププロパティ
  3. OK
これで準備完了です。プロジェクトでこのタイプを使用してカーテンウォールを作成してみましょう。カーテンウォールであれば高さの変更にも柔軟に対応可能です。
カーテンウォールで作成した目隠しルーバー

曲面への適用

カーテンマリオンでルーバー作成するメリットの一つに、マスを利用した曲面への適用ができることがあります。
  1. プロジェクトブラウザで、[ファミリ]>[カーテンシステム]で既存のノードを右クリックして[複製]、名前を水平ルーバーとする。
  2. ダブルクリックしてタイププロパティを開き、下の図のように設定。
    カーテンシステムのタイププロパティ
  3. まず下の図のようにマスで曲面を作成します。(マリオンは直線状にしか作成できないので、3次曲面はアダプティブコンポーネントを利用することになります。)
    マスで曲面を作成
  4. [建築]タブ>[構築]パネル>[カーテンシステム]でタイプを「水平ルーバー」に変更。
  5. マスの面を選択し、[複数の選択]パネル>[システム作成]
これで曲面にルーバーを作成できます。
面にルーバーを作成
これでマスを非表示にすれば完成です。

ヒント:形状を変更するとき

マスを編集した後、カーテンシステムを選択して[面に更新]をクリックします。
マスを変更したら面に更新でカーテンシステムを更新する

ヒント:反転させたいとき


壁のように反転の機能はありません。反転したプロファイルとそれを使ったマリオンを作成する必要があります。
反転したプロファイル
反転したルーバー


0 件のコメント:

コメントを投稿