2019年8月12日月曜日

MEPことはじめ 衛生(1)

配管設定

続いて配管を作成します。ダクト同様配管にも配管設定がありますので、これを標準添付のテンプレートからプロジェクト標準転送を行って設定します。

練習用ファイル

A360 Drive
Google Drive

配管設定の転送


  1. ダウンロードした練習ファイルを開きます。
  2. [ファイル]>[新規作成]>[プロジェクト]
  3. [参照]でPlumbing-DefaultJPNJPN.rteを選択して開く。
    プロジェクトの新規作成
  4. 練習ファイルをアクティブにする。
  5. [管理]タブ>[設定]パネル>[プロジェクト標準を転送]
  6. コピー元をプロジェクト1に指定し、配管○○をすべて✔してOK。
    プロジェクト標準を転送
  7. 下の図のような警告が表示されたら、上書きを選択。
    上書きをs

竪管の追加

上水道と汚水排水管の竪管を作成します。
  1. [設備]タブ>[給排水衛生設備および配管]パネル>[配管]
  2. タイプセレクタで配管タイプ:プラスチック - 水 を選択
  3. システムタイプを住宅用冷水を選択
  4. オプションバーで直径を20mm、中央のオフセットを-1000mmとして、PSの内部(下の図の赤丸あたり)をクリック。
    説明を追加
  5. オプションバーで中央のオフセットを3000mmとして、適用を2回クリック。
  6. 作成した住宅用冷水竪管を選択し、[修正|配管]タブ>[修正]パネル>[コピー]
  7. やや上部にコピーを作成。
    やや上方にコピーを作成
  8. コピーした竪管を選択して、プロパティウィンドゥで以下の操作をおこなう。
    • システムタイプを衛生に設定
    • 直径を100mmに設定
      プロパティウィンドゥでシステムタイプと直径を変更
  9. 3Dビュー>衛生を開く
  10. ビューコントロールバーで詳細度を詳細に変更し、配管を実サイズで表示する。
    配管は詳細モードの時だけ実サイズで表示される

上水道管の作成

  1. 大便器を選択し、表示された水道蛇口のアイコンをクリック。
    蛇口のアイコンをクリック
  2. 下の図のように3回クリックして竪管と接続する。

排水配管の作成

  1. 大便器を選択して、配管アイコンをクリック。
    配管アイコンをクリック
  2. オプションバーの中央のオフセットに-500と入力し適用をクリック。これで竪に500mm配管が作成されます。
    オプションバー
  3. 傾斜配管パネルで、下り勾配と1%を選択。
    下り勾配 1%
  4. 続けて下の図のようにクリックして配管を作成します。
    説明を追加
  5. 3Dビュー>衛生を開いて状況を確認する。
    配管が作成されました!
配管の作成で大事なことは、常に何の配管=なんのシステムタイプを作成するのかを意識することです。



0 件のコメント:

コメントを投稿