2020年8月15日土曜日

手摺を補助手摺だけでつくると意外に便利(3)

補助手摺だけの手摺の便利な使い方

前回までに作成した、補助手摺だけの手摺のいろいろな使い方をご紹介します。

作成方法

作成方法はいつもの手摺と何ら変わりません。普通に、手摺コマンドで、壁に沿ってスケッチラインを作成します。

普通に作成

モードパネル>✔で、次のように作成されます。

コーナが面取りされています。

コーナーが面取りされているのは、補助手摺のタイプで、既定の結合をフィレット、フィレット半径を50に指定したためです。

補助手摺のタイププロパティ

手摺の支持の位置を移動する

支持をマウスオーバーしTABキーを押して、選択するとピンが表示されます。

支持のみを選択し、ピンをクリックすると

このピンをクリックして解除すると、ドラッグ、あるいは移動コマンドで自由に位置を変更することができます。

ドラッグして位置を移動可能になります。

支持をコピーする

支持をコピーすることも可能です。支持をマウスオーバーしTABを押して、支持のみを選択し、CTRL+ドラッグまたはコピーコマンドで、自由な位置にコピーできます。

CTRL+ドラッグで支持を複写

支持を削除する

同様に、支持をマウスオーバーし、TABで選択すると、Deleteキーで支持を削除することができます。

寸法で支持の位置調整

いったんピンをクリックしてロックを解除すると、他の要素と同様に、寸法を使って位置合わせすることも可能です。
寸法による位置合わせも可能
支持のタイプ変更
ピンを外せば支持のタイプを変更することもできます。まずはTABキーを使って支持のピンを外し
支持のピンを外す
タイプセレクタから異なるタイプの手摺を選択することができます。
タイプの変更が可能です

端部の修正

補助手摺は上部手摺(笠木手摺)と同様に、端部の形状を修正できます。
TABキーを使って手摺だけを選択し、連続手すりパネルの[手すりを編集]をクリック
手すりを編集をクリック

セットボタンをおして、編集対象(始点か終点か)を選択。
編集する側を指定
パスを編集ボタンを押して、任意の形状をスケッチする。
任意の形状をスケッチ
モードパネル>✔で確定し、支持の位置を修正
支持の位置を修正

0 件のコメント:

コメントを投稿