2021年4月3日土曜日

照明のファミリ(1)

ダウンライトをつくってみよう

照明ファミリには「光源」があります。この光源をうまく使えばレンダリングだけではなく、照度計算も可能です。まずは基本的なダウンライトを作成して、コツをつかみましょう。今回作成する照明は、パナソニックのLGD1100です。


このチュートリアルでは次の項目について複数回にわたって連載します。

  1. 照明器具ファミリの作り方
  2. iesファイルを使用した光源の設定方法
  3. レンダリング
  4. 照度計算
  5. 電気図

照度計算も標準機能で可能

本体を作る

  1. ファイル>新規作成>ファミリ で 照明器具(メートル単位).rft を選択
  2. 立面図>正面を開く
  3. 作成タブ>フォームパネル>回転
  4. 次の図のように基準レベルと光源軸(左/右)の交点に、境界線をスケッチする。詳細な断面が見つけられなかったのであくまで目安です。


  5. 描画パネル>軸線 を選択し、中心に軸線を作成します。


  6. モードパネル>✔
  7. 作成したフォームを選択し、プロパティウィンドウのマテリアルの関連付けボタンを押し、新たに本体というパラメータを作成する。

  8. 平面図>基準レベル
  9. 作成タブ>フォームパネル>押し出し で下の図のようにスケッチ


  10. モードパネル>✔
  11. プロパティウィンドウで、押し出し終端の値を-4.5とする。
  12. 7と同様の手順でフォームのマテリアルを「反射板」パラメータを新規作成して関連付ける。

光源の配置

照明器具のテンプレートには光源があります。光源をダウンライト本体の下方に移動します。
  1. 正面のビュー上部にある光源をダウンライトの下方に移動しますが、このとき光源ではなく光源がロックされている参照面(光源高さ)を選択します。

  2. SHFTキーを押しながらドラッグして参照レベルの下に移動し、仮寸法を使って10mmに設定。このとき照明器具のフォームに光源の中心が埋もれないようにするのがポイントです。

マテリアル

光源は相手を照らすことはしても自分自身は光りません。レンダリング時に照明器具が輝いて見えるようにするには、自己照明型のマテリアルをフォームに設定する必要があります。
  1. 作成パネル>プロパティパネル>ファミリタイプ
  2. 反射板の<カテゴリ別>を選択し、[...]ボタンをクリック。
  3. 新しいマテリアルを作成 を選択

  4. アイデンティティタブで名前を「反射板」とします。
  5. 外観タブで このアセットを置き換えます ボタンをクリック。

  6. 外観ライブラリ>その他>放射光を選択し、「LED - SMD 5630 - 8lm (白)」を選択して右端の置き換えボタンをクリック。


  7. アセットブラウザは右上の×で閉じる
  8. グラフィックスパネルでレンダリングの外観を使用に✔
  9. OK
  10. 本体の,カテゴリ別>を選択し[...]ボタンをクリック。
  11. 同様に「本体」というマテリアルを作成します。本体にはプラスチック-マット(白)を設定します。

これで照明器具の本体は完成です。次回は光源にiesファイルを設定するなど、光源の調整方法について学習しましょう。

3 件のコメント:

  1. 今回の内容と関係なくて恐縮ですが、、、
    連窓作成のアドインは、BootOneでないと
    手に入らない状況でしょうか?
    (REVIT2017で使用していたのですが、2018に最近バージョンアップをしました)

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. 上記がBootOneからしか入手できない場合に、
    連窓のファミリ作成手順を公開していただくことは可能でしょうか?

    返信削除