2020年1月19日日曜日

階段練習帳(6)~手摺(1)

階段の手すりを自由につくる

階段手摺はちょっと難しそうに見えますが、理屈がわかれば結構自由に作ることができます。ポイントは手すりは基本的にスイープである、ということです。下の図のようなコーナーの手すりを作成してその仕組みを理解しましょう。
こんな手すりも自由自在
まずこれまでの練習帳にならって、下の図のようなコンクリート階段を作成してください。ただし、手すりはまだ作らないでください。
まずは階段を作成しましょう
ここから手すりを作成していきます。

練習


  1. 建築タブ>階段>手摺(ここではあえて普通の手すりを選びます。)
  2. ツールパネル>新しいホストを選択 で階段を選択。
  3. オプションバーで
    • 連結:✔
    • オフセット:0
  4. プロパティウィンドウで
    1. タイプセレクタ:手摺:900mmパイプ
    2. パスからのオフセット:0
      オプションバーとプロパティウィンドウを設定
  5. 下の図のように階段経路の端部を下から上にクリックし、✔
    ①→④と階段の端をクリックして作成
  6. 下の図のように手すりがすべて見えるような断面図を作成しビューを移動します。
    断面図を作製
  7. 下の図のように手すりの上部に線を描画して、トリムして結合点の高さを求めます。ここでは1094.44なので丸めて1095と考えます。
    上部手摺の高さが一致する高さを求める
  8. 手摺を選択して、タイプ編集ボタンを押してタイププロパティ編集ダイアログで
    • 複製ボタンを押して名前を「900mm パイプ 階段」とする。
    • 踊場での高さ調整:✔
    • 踊場での高さ:195(高さが900なので1095-900=195)
    • OK
      複製して新しいタイプを作成する
  9. 踊場の手すりがそろっていることを確認。
    踊場での手摺の高さがそろっている。
  10. 3Dでも確認します。
    3Dでも確認(マテリアルは変更しています。)
まずは上部手摺の高さがそろいました。次回は手摺子の位置を自在に動かしてみましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿