2020年4月5日日曜日

重ね壁の小技

重ね壁を使いこなしましょう

重ね壁はよく知れば、かなり便利な機能です。前回ご紹介したようなALC壁のように二つの壁の垂直の位置関係を、それぞれ独立した標準壁を使って保つのは非常に困難です。
活用に役立つように、いくつかのヒントを書いてみます。

重ね壁は分解可能

作成した重ね壁を、最終的に個別の壁として扱いたい場合は、個々の標準壁に分解することができます。分解方法は
重ね壁を選択して右クリック>分割
これだけで位置を保ったまま複数の標準壁に「分解」されます。

個々のプロパティ

重ね壁は複数の標準壁のインスタンスをまとめて扱っているだけなので、個々の壁のインスタンスパラメータを修正することが可能です。重ね壁をマウスオーバーしTABキーを何回か押して目的の部分がハイライトされたらクリックして選択します。
TABキーで選択
これで重ね壁を構成する壁のインスタンスプロパティを修正できます。RC腰壁は構造部材だけど、ALC壁は意匠壁、というような構成にすることが可能です。
インスタンスプロパティも編集可能
また右クリック>すべてのインスタンスを選択を使用すれば、その他の重ね壁の構成要素を選択できます。
全てのインスタンスを選択

建具のホスト

重ね壁にドアファミリを挿入すると、上下の壁に開口します。枠見込みなど、ホストとなる壁の状況によって変わるパラメータは、メインホストとなる壁の属性に従います。
メインホストの腰壁の壁厚に反応し、枠見込がALC壁に対してやや大きすぎる
メインホストを変更するには、
  1. ドアを選択して「メインホストを選択」
  2. ALC壁を選択
で変更します。
枠見込がALC壁によって調整される。
上記の分割を行っても、分割前と同様に建具は上下の壁に開口した状態が保たれます。
分割しても大丈夫

マテリアルの基点に注意

マテリアルの起点は、重ね壁としての基準レベルとなります。
マテリアルの起点は重ね壁の基準レベル
必要に応じて目地を位置合わせしてください。

上/下部の働き

レイヤダイアログの「上」「下部」の値は通常編集不可になっています。
いつ使用可能になるのか?
この項目は、個々の標準壁のタイププロパティで「レイヤの延長」が許可されていた時に使用できます。
例えば、下の図のように、2つのレイヤからなる壁タイプを作成し、タイププロパティの構造を編集します。
このとき、断面を表示して、下部の水平境界を選択して、表示されたカギアイコンのロックを解除します。
壁のタイプ編集>構造>プレビュー>断面>修正で境界をクリックしてロック解除
そしてこの壁を使用して重ね壁を作成すると、下部の欄を使用できるようになります。
下部が編集できるようになる
ロックを解除したレイヤが延長/短縮されます。

結合編集

重ね壁の結合部を編集するには、「壁接合部」を使用して、目的の壁接合を編集します。
修正タブ>ジオメトリパネル>壁接合部
壁接合部をクリックし、重ね壁の接合を編集したい個所をマウスオーバーすると四角形が表示されるのでクリックします。
赤矢印をマウスオーバーすると四角形が表示される。□の大きさは壁厚を反映している
オプションバーで結合状態を編集します。
オプションバーで編集
重ね壁の機能をよく把握して、しっかりと使いこなしてください。



2020年3月22日日曜日

重ね壁

重ね壁

重ね壁は複数の壁を一つのタイプとして取り扱うことができます。例えば図に示すようなALCパネルの外壁で、立ち上がりがRCなどの場合に便利です。壁タイプにスイープやリビールを加えれば、水切りやアングルを追加することもできます。
今回は
・ALCパネル
・RC立上(H1000)
の壁を定義してその使用上の注意点を考えてみます。

重ね壁タイプを定義

まず、重ね壁を構成する個々の壁を定義します。詳細は省略しますが、下の図のような「外壁RC150」「外壁ALC100」の二つの壁タイプを作成してます。
厚さ150mmと100mmの壁を定義
次に重ね壁を作成します。
  1. 建築テンプレートで新規プロジェクトを作成
  2. プロジェクトブラウザ>ファミリ>壁>重ね壁
  3. 任意のタイプを右クリック>複製
  4. 複製されたタイプを右クリック>名前変更でRC150+ALC100とする。
  5. 作成した重ね壁タイプをダブルクリックしてタイププロパティダイアログボックスを表示
  6. 構造の編集ボタンをクリックしアセンブリ編集ダイアログボックスを表示
    1. プレビューボタンを押して断面図を表示
    2. 1行目にALC100、2行目にRC180
    3. 1行目を選択しておいて可変をクリックし、高さを変数に設定。
    4. 2行目の高さを1000mm
    5. オフセットを躯体面外部に設定し、断面で外面合わせに変更されたことを確認する。
    6. OK
      アセンブリ編集ダイアログボックス
プロジェクトで重ね壁を壁コマンドで作成すると、一度に上下の壁を作成できます。
重ね壁

アングルを入れる

次にALCとRCの間に定規アングルとしてL-50x50x6をいれて、外側にシーリング材を入れてみます。重ね壁自体にはスイープを挿入することはできないので、RC150の天端を切り欠いて、アングルとシールの壁スイープを設定します。

必要なプロファイル

以下のプロファイルを用意します。

定規アングル用-p等辺山形鋼:50x50x8

シーリング用 - p矩形(第3象限):10x10
RC壁天端切り欠き用 - p矩形(第4象限):150x10

RC壁タイプの編集

プロファイルを準備したらRC150の壁タイプを編集します。

壁リビール

タイプ編集>構造の編集で、プレビューボタンを押してプレビューを表示します。
ビューを断面図に切り替えて壁リビールをクリックし、以下のように設定します。
壁リビールの設定
これにより、プレビュー画面で壁の天端が切り欠かれたことを確認します。

壁スイープ

同様に壁スイープボタンを押して、以下のように二つのプロファイルを設定します。
壁スイープの設定
シーリング
側面:外部
基準オフセット:0
側面オフセット:0
定規アングル
側面:外部
基準オフセット:-10
側面オフセット:-108(ALC厚さ100+アングル厚8)

これで、重ね壁も更新されて以下のようになります。
プロファイルでアングルを追加した重ね壁

2020年3月14日土曜日

ロード時にボイドで切り取り

ホスト以外を切り取る

ホストではない要素を切り取るには?
ドアや窓は壁にとりつくので、原則としてとりつく壁に開口を開けるようになっています。しかしとりつく壁以外にも開口を開けたい場合があります。たとえば
  • 床にヌスミをいれたい
  • 防火扉
  • コーナーサッシ
などなど。ボイドの働きを見てみましょう。

防火戸のファミリをつくる

防火戸はホストとなる壁以外の壁にも戸袋を作成する必要があります。こんなときこの「ロード時にボイドで切り取り」機能が役に立ちます。今回はこまかな納まりはさておき、ボイドの働きに着目してください。
まず、建築テンプレートで新規プロジェクトを作成し、下の図のように床と壁とドアを作成してください。ドアは規定値の片開き:w900h2000です。
では、これを防火戸に改造してみましょう。

  1. 配置したドアを選択し、モードパネル>ファミリを編集
  2. ビュー>平面図>基準レベルを開きます。
  3. 扉パネルとハンドルを削除します。簡略表示用、標準表示用にフォームや塗りつぶし領域など複数の要素があるので慎重にすべて削除してください。
    パネル関連の要素をすべて削除
  4. 下の図のように参照面と寸法を作成して、寸法に既存のパラメータをつける。
    参照面とパラメータを作成
  5. 立面図(立面図1)>右を開く
  6. 作成>フォームパネル>押し出し
  7. 作業面に「右」を指定してOK。
  8. 壁に埋め込むパネルの外形線をスケッチして、モードパネル>✔
  9. 平面図>基準レベルで厚さを調整し参照面にロック。サブカテゴリをパネルに指定
  10. 同様に枠を作成し、サブカテゴリをフレーム/マリオンに
  11. 立面図(立面図1)>右を開く
  12. 作成>フォームパネル>押し出し
  13. 作業面に「右」を指定してOK。
  14. 作成した枠の外側、上側、壁の外側(参照面名:外部)、レベルで矩形を作成してモードパネル>✔
  15. 形状ハンドルで厚さを調整して参照面にロック。
  16. ソリッド/ボイドプロパティでボイドを選択。
    ボイドに指定
  17. 内側の壁面にある、「開口断面」を選択して削除。
    1. 開口部断面とボイドは共存できません。
    2. ボイドを使用する場合は開口部断面を削除して、代わりに同等のボイドを作成します。
      開口部断面を削除
  18. 立面図(立面図1)>内部を開く
  19. 作成タブ>フォームパネル>押し出し
  20. 作業面に参照面外部を指定
  21. ドア枠の外側の参照面にロックしながら矩形をスケッチ。
    枠の外側にロック
  22. モードパネル>✔
  23. 平面図>基準レベルで厚さを調整する
    1. 位置合わせまたは形状ハンドルをドラッグして、参照面外部内部にロック
  24. 16と同様の手段でボイドに変更
  25. 修正タブ>ジオメトリパネル>切り取り
  26. 壁→ボイドの順番にクリックして壁をくりぬく。
  27. ファミリのプロパティ「ロード時にボイドで切り取り」に✔
  28. プロジェクトにロードし「現在のバージョンを上書き」を選択

ホストではない壁を切り取る



  1. 下の図のように壁をもう一つ作成
  2. 位置合わせで埋め込み側のパネル面を壁面に合わせる。
    1. エラーが出ますが無視してください。
    2. この時点ではたての壁は切りかかれていません。
      まだ戸袋はできていない
  3. 修正タブ>ジオメトリパネル>切り取りで壁→ドアの順でクリック。
ロード時にボイドで切り取りをチェックしても、明確に何をどれで切り取るかを指定する必要があります。
この方法を使うとホストの壁以外でも切り取ることができます。また、壁に限らず、床にヌスミを入れることももちろん可能です。たとえば掃き出し窓も、一般には床を切り欠くことはできませんが・・・
床に水切が食い込んでいる
同様の手法でボイドを仕込んで、切り取りを行うと
床を切り取る
のようになります。





2020年3月7日土曜日

破線の塗潰し領域

PATファイル

塗りつぶし領域はパターンファイル(*.pat)で色々なパターンが作成できます。今回は下の図のような破線のハッチングを作成してみましょう。

基本情報はこちら

patファイルの基本的な構成はこちらに示しています。今回は「製図」のパターンを作成します。

簡単な破線パターン

まずは単純な破線パターンから作成してみます。

  1. メモ帳を開く
  2. ファイル名を任意につける。ただし、拡張子は.pat、文字コードはANSIを指定する。
    拡張子はpat、文字コードはANSI
  3. 先頭行にmm単位で作成することを示すために「;%UNITS=MM」と記入。
  4. 2行目以降に以下のように記入して上書き保存。
    1. *パターン1
    2. ;%TYPE=DRAFTING
    3. 0,0,0,0,1,1,-1
  5. Revitで管理タブ>その他設定>塗り潰しパターン
  6. 製図を選択して新規作成
  7. カスタムを選択して、参照をおして、作成したpatファイルを読み込む。
    カスタム→参照ボタンで作成したpatを読み込み
  8. OK
以上でパターンの登録ができたので、これを使って塗りつぶし領域を作成してみてください。
水平の破線パターンn
ここでポイントとなるのは前出4-3のデータの書き方です。以下にヘルプがあります。
これによると
角度,原点X,原点Y,移動量X,移動量Y,ペンダウン距離,ペンアップ距離
となります。
0,0,0,0,1,1,-1の内訳は
0度(水平)で、原点は(0,0)、次の線の原点への移動ベクトルは(0,1)で、線を1mm書いたら1mm開ける
という意味になります。

45度傾ける

では45度傾けてみます。patファイルに以下のように追記します。これはパターン1の先頭の0を45に変えただけす。

*パターン2
;%TYPE=DRAFTING
45,0,0,0,1,1,-1

同じ手順で読み込んでみると下の図のようになります。
45度傾けたパターン
さらに移動ベクトルを(1,1)とすると
*パターン3
;%TYPE=DRAFTING
45,0,0,1,1,1,-1
次のようになります。
横にそろっている
この移動距離の考え方ですが、45度傾いているので、傾いた状態でΔX,ΔYを考えます。
移動距離は角度を考慮して

直線と組み合わせる

直線と組み合わせるにはもう一行追加します。一本置きに実線と破線を繰り返すのでそれぞれの移動ベクトルは(2,2)になります。注意するべきは2本目の原点です。

*パターン4
;%TYPE=DRAFTING
45,0,0,2,2,1,-1
45,1.41421256,0,2,2

青字で示したのは直線部分(末尾の1,-1を省略しているので実線とみなされます)で、原点が(√2,0)であることを示しています。これは、移動距離同様に45度傾けた状態での原点で、以下の図のような解釈になります。
1mm間隔なので、原点は√2,0になる
この結果次のような塗り潰しパターンが出来上がります。
破線と直線のパターン