2020年10月24日土曜日

AUガイド(1)

 AUのお知らせ

Autodesk Universityが11月17日~20日、デジタルで開催されます。今回は鉄骨タブのお話をお休みして、参加方法やクラスの視聴方法についてご案内します。

例年ならばラスベガスまで行く必要がありますが、今年はオンライン開催ですので、世界に触れる絶好のチャンスです。特に英語のセッションは明日からにも役立つ実用的なセッションが満載です。ぜひ参加して視聴されることをお勧めします。

まず参加登録

こちらをクリックして「今すぐ登録」をクリックします。

「今すぐ登録」をクリック
必要事項を記入して登録します。AutodeskIDがある場合は、右上の「サインイン」をクリックして、サインインしてから登録するとスムースです。

すると以下のような画面になります。

登録完了画面

アジェンダ

タイトルバナー下部に4つのメニュー(上図赤枠)があります。まず「Agenda」をクリックします。どうもこのあたりのリンクが一定していないので混乱してしまうのですが、英語画面になった場合は右上のメニューから

①Sign Inでもう一度AutodeskIDでログイン

②日本語を選択

これで安定します。

日本語を選択

ここで、もう一度「アジェンダ」をクリックします。ここで注目するのは朝9時から行われるジェネラルセッションとその他のキーノートスピーチです。

ジェネラルセッションとキーノートに注目

毎年ジェネラルセッションとキーノートスピーチはかなり大掛かりで、Autodeskの将来のビジョンや開発の状況などが事例を交えて詳細に説明されます。かなりのエンタメに仕上がっているので、今年はどうなるか非常に楽しみです。

au general session で検索すると様々な画像や動画が見つかります。ぜひ探ってみてください。これを動画でどのように表現するのか。非常に楽しみです。

セッション

セッションをクリックすると、クラスの一覧が表示されます。これらの中から好きな動画を視聴できる、という仕組みです。検索の仕方ですが、製品、トピック、言語と分野から選択すると分かりやすいと思います。

Product:Revit

Topic:Building Information Modeling (BIM)

Language:Japanese

Industry:Architecture, Engineering and Construction


これで13のセッションが表示されます。

私も次の三つのセッションを持っています。

Revit Peeler Offline ~ 手摺ビギナーズ
手摺の基本を徹底解説

手摺の基本中の基本を徹底的に解説する、初心者向けのクラスです。手摺の機能がどのようなコンセプトに基づいて設計されているかを説明し、複雑怪奇な手摺タイプダイアログボックスを攻略します。動画だけでなくハンズアウト(手元資料)も頑張って作りこんでみましたのでぜひご覧ください。
手摺の謎に迫ります

Revit Peeler Offline ~ 手摺マニアック
パネル型の手すり、補助手摺、支持を掘り下げます

より複雑な手摺の作成方法について、ステップバイステップで解説します。特にパネル型の手すりの基本と、パネル型手摺を階段に適用する方法、補助手摺や支持の使い方についてファミリの作り方から説明します。こちらもハンズアウト(手元資料)にも力を入れています。また解説に使用したRevitデータもダウンロードできるようにしていますので、ぜひご視聴ください。
このような手摺の作り方をファミリの作成方法から解説

⽶⼦発「Revit」+アドオン「BooT.one」を使⽤したBIM建築設計の効率化
美保テクノスさんとの共同セッション

鳥取県米子市の従業員数約200人のゼネコン「美保テクノス」さんのセッションです。私は美保さんにコンサルのご用命をいただいています。その成果について、具体的に数字を挙げて説明してくださっています。どうやってBIMを会社の力として生かしているのか、社内での運用方法、推進体制について詳細に解説していただけます。たいへん参考になりますのでぜひご視聴ください。

次回は英語版から選りすぐりのセッションをご紹介します。

2020年10月10日土曜日

鉄骨タブ(2)

鉄骨タブ

前回に引き続き「ぱらめートリックの切断」パネルの使い方を説明します。鉄骨タブには便利な鉄骨加工機能が満載ですので、ぜひ使いこなしてください。
便利な機能満載の鉄骨タブ

留め継ぎ~フランジ

パラメトリックの切断パネル>留め継ぎ▼>のこぎり切断 - フランジ は、梁の切断面をフランジ面との交差線を軸に回転して鉄骨を加工します。

使い方

次の図のようにH型鋼が角型鋼管の柱に勾配付きで接続されている場合
  1. のこぎり切断 - フランジをクリックし、柱と梁を選択してENTER
  2. 次の図のように接続部が加工される。

  3. サブ接合(サイコロ状の立方体)を選択し、接合パネル>パラメータを修正
  4. カットを[後面]とすると、次の図のように鋼管の内側の面に位置合わせされる。

  5. [前面]に戻して✖で閉じる。
サブ接合を選択すると、タイプセレクタに「のこぎりでカット - フランジ」と表示されますが、コマンド名と統一してもらいたいところです。

コマンド「のこぎり切断 - フランジ」=タイプ「のこぎりでカット - フランジ」と考えてください。英語版は Saw cut - Flange で統一されています。
フランジを軸とした平面でカットする、という意味です。

留め継ぎ~Web(←H型鋼のウェブのことです)

こちらは「ウェブを軸とした平面でカットする」という意味ですが、なぜかウェブがWebとネットみたいに訳されていますが、これはH型鋼のウェブのことで誤訳(英語版は Saw cut - Web)だと思われます。(いまだに誤訳が多すぎますね・・・)

使い方

下の図のように柱に斜めから鉄骨が取り合っているような場合
平面図
  1. 鉄骨タブ>パラメトリックの切断パネル>留め継ぎ▼>のこぎり切断 - Web
  2. 柱と梁を選択してENTER

  3. 接合パネル>パラメータを修正 または プロパティウィンドウでパラメータを修正プロパティの編集ボタンをクリックしギャップの値を0にして閉じる。
    ギャップの値を0にして右上の✕で閉じる

  4. 何もないところをクリックして選択を解除
    完成

パラメトリックの切断を使って様々な鉄骨の形状編集が可能になります。
柱-梁は「のこぎり切断web」、大梁と小梁は「切り欠き」

2020年10月3日土曜日

鉄骨タブ(1)

鉄骨タブ

鉄骨タブ

鉄骨タブには「便利そうだけどどう使っていいかわからない」ボタンが並んでいます。今回はこれらのボタンの使い方についてみていきましょう。

切り欠き

H型鋼の交点におけるウエブとフランジの加工を行うコマンドです。例えば次のように鉄骨梁同士がT字型に交差している場合で考えます。ファミリはMetric LibraryのH形鋼.rfaです。表示モードは標準以上にしておきます。


  1. 鉄骨タブ>パラメトリックの切断パネル>切欠き
  2. CTRLキーを押しながら二つの構造フレームを選択して、[ENTER]
    • 選択を確定するためにENTERをキーを押す、というのがAutoCADっぽいというか、Revitらしくないのですが、この鉄骨タブにはこうして[選択]→[ENTER]という操作が頻繁に登場します。
  3. すると、下の図のようなサイコロ状のマークが表示され、切欠きが作成されます。

  4. サイコロ状の要素はサブ接合という要素でシステム要素:切欠きのタイプです。
  5. サブ接合を選択し、接合パネル>パラメータを修正
  6. ダイアログボックスで値を修正し、形状の変化を確認してください。

  7. ②の下にある●をクリックすると、●と②の関係が切り替わります。

留め継ぎ

屋根など鉄骨が山形に取り合っているところなどに使用します。例えば次の立面図のようにH型鋼がへの字に交差、しかも互いの勾配が異なる場合で説明します。


  1. 鉄骨タブ>パラメトリックの切断パネル>留め継ぎ▼>留め継ぎ
  2. CTRLキーを押しながら二つの構造フレームを選択して、[ENTER]
    サブ接合が作成された!

  3. サブ接合を選択し、接合パネル>パラメータを修正 で、ギャップの値を変更してみる。

  4. 一方の梁サイズを変更してみます。

  5. もう一度サブ接合を選択し、パラメータ修正 で、等分線のチェックを外す。
    1. 等分線に✔すると、梁成の中央で二つの梁が取り合います。

このように鉄骨タブには便利な機能がたくさんあります。順番に説明していきますので是非使いこなしてください。


2020年9月27日日曜日

構造フレームのカットバック

接合部カットバック

鉄骨梁と柱の取り合い部は微妙なギャップがあります。



この間隔は「構造柱の境界ボックス」からの距離は、インスタンスパラメータ「始端の接合部カットバック」「終端の接合部カットバック」の値で調整することができます。

接合部カットバックがこの隙間の値

この値を0にすると、構造柱と構造フレームの隙間はなくなります。

ゼロにすると隙間がなくなる
ここで重要なことは、この隙間は柱の境界ボックスから計算されている、ということです。

初期値の変更

始(終)端延長・始(終)端の接合部カットバックの初期値は次の手順で変更可能です。
  1. 構造タブ>構造パネル>梁
  2. タイプセレクタで鉄骨構造フレームを選択
  3. 作業領域をクリックする前に、プロパティウィンドウで、始点延長、終点延長、始端の接合部カットバック、終端の接合部カットバックの値を0にする。

  4. 2点をクリックして適当に梁を作成
これで初期値を変更できます。

境界ボックスとは何か?

境界ボックスとは早い話が柱の全要素の存在範囲を示す直方体(ボックス)を意味しています。
柱の存在範囲を
柱の形状が矩形の場合は柱の形状がそのまま境界ボックスということになりますが、この全要素というのは、シンボル線分も含んでいます。
構造柱のファミリの平面図に耐火被覆を示す線をシンボル線分で追加してみます。
シンボル線分を加えて再ロードする

この状態でプロジェクトに再ロードすると・・
境界ボックスにはシンボル線分も含まれる

シンボル線分は2D要素ですので、モデルの形状には関係ないはずですが、図のようにシンボル線分が境界ボックスに含まれることがわかります。
「始端の接合部カットバック」「終端の接合部カットバック」をゼロにしても隙間が埋まらない場合は、構造柱のファミリを調査する必要があります。

始端延長・終端延長

構造フレームのインスタンスパラメータ「始端延長」と「終端延長」は、一般的にはグレー表示で編集することはできません。

始端延長・終端延長

構造フレームの端部が「接合」している場合は、この値は無効になります。柱で接合している構造フレームを選択して、端部の●を右クリック>接合禁止を選択します。すると、構造フレームの要素は●のところまで伸びます。

始端終端まで構造フレームが伸びる
また、プロパティウィンドウをみると、始端(または終端)延長が編集可能となり、終端(または始端)接合部カットバックのパラメータがなくなっています。

接合部カットバックのパラメータが片方なくなっている

接合禁止にすると、端部のジオメトリ形状の計算が手動となります。終端(または始端)延長の値に、構造柱の半分の値をマイナス付きで設定すると、構造フレームと柱の隙間はなくなります。
ジオメトリは手動で変更する

鉄骨梁同士の勝ち負け

構造フレーム同士が取り合う場合も、端部の接合状況が
  • 接合許可→始端(終端)接合部カットバック
  • 接合禁止→始端(終端)延長
で調整します。
梁同士のギャップも同様に調整
勝ち負けは、修正タブ>ジオメトリパネル>梁接合柱接合のコマンドで調整してください。勝ち負けの調整だけではなく、同じファミリタイプ同士であれば留め継ぎ加工も可能です。
同じファミリタイプであれば留め継ぎも作成可能です。

より詳細な鉄骨加工

たとえば柱に梁が斜めに取り合う場合は、下の図のようになり、柱との隙間ができてしまいます。
斜めの加工はできないのか?

詳細な加工が必要な場合は、鉄骨タブのツールを使います。次の図は鉄骨タブ>パラメトリックの切断>留め継ぎ▼>のこぎり切断-ウエブを使っています。
のこぎり切断ウエブで加工
鉄骨タブについては次回から順番に説明してまいります。

2020年9月20日日曜日

Civil3Dの地形を読み込む

TINサーフェスをRevitの地形に

Civil3Dの地形をRevitに

Civil3Dの地形をRevitに読み込むための方法は、いろいろありますが主に次の3つの方法が考えられます。

  1. 「地形をリンク」コマンドで
  2. LandXMLに変換して読む
  3. DWGに変換して読む

「地形をリンク」コマンドで

地形をリンク・・・ってどう使うの?

挿入タブのリンクパネルには地形をリンクコマンドがあります。こちらの使い方は、ヘルプに詳細な説明があります。しかし、この説明を読む前に結論を申し上げると
  • Civil3DユーザーとRevitユーザーどちらもBIM360DOCSを契約している
  • DeskTopConnectorをインストールしている
という条件が必須で、なおかつあくまでリンクなので、インポートした地形をRevitで編集することはできません

LandXMLに変換して読む

Civil3DでLandXMLをエクスポートし、Revitに読み込む方法があります。しかし、これにはSiteDesignerが必要です。SiteDesignerは無料のソフトですが、残念ながら2020までで、2021では廃止されてしまいました。簡単に使い方を説明すると

Civil3D

出力タブ>書出しパネル>LandXMLに書出し。

Revit

  1. SiteDesignerをインストールする。
  2. Site Designerタブ>Import/Exportパネル>Import LandXML
    SiteDesigner
  3. Civil3Dで出力したXMLファイルを選択し、既定値のままOK。

  4. 必要とする地盤面(toposurface)の名前を選択してOK。

  5. その他いろいろ聞いてきますがOKで進んでいくと、インポートされます。
Revitに取り込んだ地形


2021ではせめてLandXMLのインポートエクスポート機能だけでも実装してほしいものです。

DWGに変換して読む

最も単純な方法は、DWGに変換して読む、です。Civil3Dは本来AutoCADなのですが、AutoCADの標準図形にはない土木専用の要素(カスタムオブジェクト)がたくさん使用されています。地形はTINサーフェスという要素でできていて、AutoCAD標準図形のメッシュとは異なります。つまりCivil3DのDWGファイルをそのまま読んでもRevit上には再現できない、ということになります。そこでTINサーフェースを普通のAutoCAD図形に変換します。

Civil3D

  1. TINサーフェスを選択
  2. サーフェスツールパネル>サーフェスから抽出▼>オブジェクトを抽出
    オブジェクトを抽出
  3. 三角形を選択してOK。

  4. 何も変化していないように見えますが、TINサーフェースが3D 面に変換されています。
    3D面に変換される

Revit

  1. 挿入タブ>CADリンクで、適切なレベルを指定してCivil3DのDWGファイルを読み込む。
  2. 一部の要素が読み込み中に失われました。。。。。というダイアログボックスが表示されますが、これはDWGファイルにAutoCAD標準図形ではないCivil3D独自の図形が含まれているので、その部分は読み込めません、という意味ですから気にしないで[閉じる]を選択します。
  3. マス&外構タブ>外構作成パネル>地形
  4. ツールパネル>読込から作成▼>読み込みインスタンスを選択 でリンクしたDWGをクリック
  5. 必要なレイヤを選択(わからなければCivil3Dユーザーに問い合わせるか、すべてチェック)してOK。

  6. モードパネル>✔
これでRevitで編集可能な地形を取り込むことができました。
Revitに取り込まれたCivil3Dの地形

地形の境界は読み込めないので、マス&外構タブ>外構修正パネル>地盤面を分割を使って、不要な部分を分割&削除してください。

Revitで編集可能な地形に変換できました。